© matka All rights reserved.

【朝のコーヒー、午後のお茶】「ラッキー1さじ」の幸福(by hanako)

※【朝のコーヒー、午後のお茶】コーヒー、紅茶を飲みながら思うこと

基本の朝食はコーヒーか紅茶(たっぷり、何杯も)そしてヨーグルト。

ヨーグルトが大好き。本当は毎日たくさん食べたい。毎食大きなサイズのパックを1つ丸っと食べたいぐらい好き。

でもそんなペースで食べると買い足すのも大変。ヨーグルトの重さ、バカにならない…。スーパーに行く回数も増える。いつも冷蔵庫にないと「今日の楽しみ」がなくなる、と不安になる。

そんなんで、ワタシとしては控えめに毎朝半パック(←といっても大きなサイズの半分なので相当量です)。

そこにヒマワリの種とかぼちゃのタネをどっさりまぜ、少しだけドライフルーツを散らしています。

糖質を「できるだけ」控えているので(あくまで「できるだけ」。そんなに厳密にはやってません。厳密にすると疲れちゃう(笑))、ドライフルーツは本当にパラリと。

でもスプーンを口に運びつつ、その「パラリ」が入るラッキー1さじが当たるとなんとなく嬉しい。

眠くてぼんやりの頭にも「ちょっと嬉しい」はキラリと響く。

朝の「小確幸(小さいけれど確かな幸せ)」。

そんな小確幸を積み重ね、何とか日々を生きている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【遠くに暮らす、両親のこと】点滴だけの日々(10月16日~)

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

201810/10

【写真交換日記175】from London「ひこうき雲」

いつも忙しい陽子さんを私が催促しているのに、今回は私が更新滞ってしまいました。ごめんなさい。 美しい竹林画像のときはまだ夏だったんです…

20189/23

【作るひと】現代イギリスを代表する陶芸家ジェニファー・リーさん  by hanako

何もないところから何かを生みだす― 「作るひと」 日々何かを“作ること”を糧としている人たち。「作る」に至ったのはなぜなのか? 「作ろう」…

【遠くに暮らす、両親のこと】告知

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

【家を買ってみたものの: London】白ヤギさんから小包来ない by Hanako

※【家を買ってみたものの: London】2015年7月にロンドンに小さなフラット(マンション)を購入。買ったはいいけど、日々事件が起こりま…

ページ上部へ戻る