© matka All rights reserved.

【写真交換日記149】from London「緑マイブーム」

多肉植物、私も有り難いな~と思いつつ部屋に飾っています。
初心者でも育てやすいのに、元気で育ってくれるので本当にありがたい。
出来の良い我が子として日々愛でています。

私は以前「部屋の中に生き物があるのがイヤ」と思っていた時期がありました。
なので花も滅多に飾らなかったし、植物もおかない。庭いじりとかにも興味ナシ。
その当時「コンクリートの真四角の箱の中に住める」「家具はすべてスチール製のインダストリアルなものがいい」と思っていました。

ああなのに、ここ数年の突然の「緑マイブーム」は何なのでしょう?
ガーデンセンターに行くのが突然大好きになってしまい、街を歩いていて花屋があると必ず足を止めてしまう。
公園も大好きになり、その辺にいい感じの木や葉っぱが落ちていると拾って持って帰るぐらいなんだか「緑なヒト」になっている。

私は田舎っ子なので、緑に囲まれて育ちました。だから憧れがなかったのかもしれません。
そんな私にやってきた突然の「緑マイブーム」。
木でできた家具などが好きになってきた時期と緑ブームは時期が被るので、その辺から趣向が変わっていったようにも思います。

…と書くと、何だか突然の趣向変化のようにも見えるんですが、たぶん…これって加齢がなせる業なのかなあと?最近思ったり。

とんがったデザインのものも好きだけど、でも柔らかなもの、手になじむもの、肌障りがいいもの、目に優しいものもだんだん好きになってくる。その有り難さが身に染みるようになる。

数十年ぶりの「緑への回帰」はそんなことが理由なのかなあと。

今の家はベランダも庭もないので、緑を育てるのには向かないけれど、それでも多肉ちゃんや小さなハーブの鉢なら育てられそう。

この写真は先日、わりと近所のリッチモンド地区にあるオサレなガーデンセンターに行ったときの写真。

このガーデンセンターは素敵ですがお高~いことでも有名。
美しく育てられた苗木とガーデングッズが購入でき、そしてカフェ&レストランが併設されています。

ここは私にとってお茶を楽しみつつ、植木や苗木類を目で見て観察する場所。トレンドの植木や苗木、ディスプレイ法などのリサーチに最適です。
でも実際に家に持ち帰る鉢植えや苗木は、近所の野外園芸即売所(←ものすごくお安い)で買っています(笑)。
オサレガーデンセンターさん、すいません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20188/2

【お知らせ】<REISM(リズム)>連載更新「暑いよ、ロンドン」 by Hanako

5月から連載させていただいている東京のリノベーション・デザイナーズ賃貸会社「リズム」さんのウェブマガジン<Reism Style>…

【写真交換日記173】from London 「誰も、いない」by hanako

「七草」、ステキです。木材のよい香りが漂ってきそう外観を見ているだけで、しゃっきりすっきりおいしい和食(の店か分かりませんが、そう予想)の味…

【お知らせ】Pen+「コーヒーのある暮らし」発売

ロンドンのハナコです。 6月27日に雑誌Penの別冊「Pen+(ペン・プラス)」のコーヒー本「コーヒーのある暮らし。」が発売になりまし…

【パブが好きすぎる1】 The Duke of Cambridge (ガストロパブ/Angel駅)

※イギリスの「飲みどころ」と言えば「パブ(Pub)」。ほぼ下戸の・matkaロンドンのハナコと、ビールとパブを愛しすぎている「旦那のヒト」が…

【お知らせ】<REISM(リズム)>さんサイトの連載更新  by Hanako

5月から東京のリノベーション・デザイナーズ賃貸会社「REISM(リズム)」さんのサイトで、インテリアやライフスタイルについての連載をさせてい…

ページ上部へ戻る