© matka All rights reserved.

大原三千院おみくじ

【今日の<云々>】日本最古のおみくじ 月色暗朦朧(by Yoko)

先日京都の大原三千院に行ってきました。

782-806年に伝教大師最澄が比叡山東堂に一院を開いたのに始まる1200年の歴史ある場所です。

ここに良源さまという天台宗の僧が始めた、日本最古のおみくじがあるのを見つけました。

日本各地にある寺社の「おみくじ」は三千院のおみくじが始まりとのこと。

よしよし、いっちょ最古のおみくじ引いてみようか。と100円を置き、おみくじを一ついただき、開いたところ、がーん。良源さま…。

=============

第七 凶

登舟待便風 ふねにはのりたれどもじゆんふうがなしと也

月色暗朦朧 月の光もくもりてもうろうとくらしと也

欲碾香輪去 くるまにのりてゆかんとすればなり

高山千万重 山たかふしてふねも車も行事かなはずと也

=============

大まかにまとめると、舟に乗ったはいいが、風がなく、月も朦朧としてよく見えす、車に乗り換えて行こうかとするけれど、高い山があってどうにもならんよ。

といった内容。そんなー。この日は奇しくもBirthday。先行き暗いわー。どん詰まり感半端なく感じている事を見透かされたかのような内容。

ただ、大原三千院のおみくじは「凶」が多く入っているとのこと。(ネット調べ)滅多に「凶」を引く機会もない為、ある意味、魔よけとして持ち帰りました。

掛け軸をよくよく見ると「おみくじ」を始めた良源上人こと元三大師の絵、かなりのデビル風味でびっくり。伝説によると、良源が鬼の姿に化して疫病神を追い払った時の像なのだそう。この絵、なかなかキャッチーでインパクト大。笑っているのも逆に怖い。メタルのバンドのステッカーにありそう。(失敬)

良源上人
元三大師と角大師(『天明改正 元三大師御鬮繪抄』1785年仙鶴堂発行 より

あとで知ったのですが、僧侶の方にここのおみくじの解説をしていただけるとのことです。

昔は政を占うものだった籤引を庶民も楽しめる形にした良源上人、現代も参拝の楽しみの一つとなっている「おみくじ」しかも「凶」の原型を見た旅でした。
大原三千院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20189/23

【作るひと】現代イギリスを代表する陶芸家ジェニファー・リーさん  by hanako

何もないところから何かを生みだす― 「作るひと」 日々何かを“作ること”を糧としている人たち。「作る」に至ったのはなぜなのか? 「作ろう」…

【遠くに暮らす、両親のこと】告知

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

【家を買ってみたものの: London】白ヤギさんから小包来ない by Hanako

※【家を買ってみたものの: London】2015年7月にロンドンに小さなフラット(マンション)を購入。買ったはいいけど、日々事件が起こりま…

【今日の云々】人は「ふわトロ」になぜ弱い? by Hanako

ときどき考えるのだけど… なぜに人は「ふわふわ」と「トロトロ」に弱いのだろうか? 「ふわふわ」「トロトロ」という形容詞についただ…

報国寺竹林

【写真交換日記174】from Tokyo「あー、夏休み」

いいなー、綺麗な海。人のいない海。そんな海なら水着になって気にせず海を満喫できそう。 海に限らず、月並みな言い方だけれども、自然の景色…

ページ上部へ戻る