© matka All rights reserved.

8mmカメラ

【写真交換日記156】from tokyo「青春の瞬き」by yoko

朱塗りのお盆、洋風に使っても朱が綺麗に映えそうですね。
まずは無事に退院されて良かったです。
高齢者の医療問題に関しては、私の親は今のところ元気ですが、今後重要になってくる話題です。周りの人からも難しい問題を聞きますし、ダークな部分が多いように思いました。

さて、親の年齢からすると、「終活」として物を徐々に減らしていく方も多いとは思うのですが、父はむしろ物がずんずん増えていくという、道路逆走しているかのような日々です。それは主にカメラなのですが…。

30歳になりたての頃、昔から好きだった「映画」に関する学校に、毎週土曜日に行くことにしました。渋谷の「イメージフォーラム」の映画学校ですが、クラスの最初の頃は、8mmカメラで撮影してクラスで発表することが課題でありました。私は学校のカメラを1度借りて撮影したものの、見事にカメラの操作ミスで失敗しました。あまりに悔しいので、自分で8mmカメラを買って、その後もそのカメラで度々撮影したのですが、1万円以上して8mmカメラを買ったその後に、実は父もほぼ同じ8mmカメラを持っていたことが判明したのでした。「買う前に聞くんだった!!」と後悔しきり…。ガラクタの山をナメてました。

しかし、このカメラも過ぎし日の青春の品となって、箱の中に眠るばかりです。どうしたものか…。思い切って捨てられないのは、今になって思い返せば明確に「青春」だった、ファインダーを覗いて必死に撮影していたあの瞬間の名残を、このカメラが湛えているからかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【遠くに暮らす、両親のこと】点滴だけの日々(10月16日~)

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

201810/10

【写真交換日記175】from London「ひこうき雲」

いつも忙しい陽子さんを私が催促しているのに、今回は私が更新滞ってしまいました。ごめんなさい。 美しい竹林画像のときはまだ夏だったんです…

20189/23

【作るひと】現代イギリスを代表する陶芸家ジェニファー・リーさん  by hanako

何もないところから何かを生みだす― 「作るひと」 日々何かを“作ること”を糧としている人たち。「作る」に至ったのはなぜなのか? 「作ろう」…

【遠くに暮らす、両親のこと】告知

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

【家を買ってみたものの: London】白ヤギさんから小包来ない by Hanako

※【家を買ってみたものの: London】2015年7月にロンドンに小さなフラット(マンション)を購入。買ったはいいけど、日々事件が起こりま…

ページ上部へ戻る