© matka All rights reserved.

前のめりでスキップ(ロンドン日報)2018年1月25日(木)「『何でもない』が難しい」by hanako

※【前のめりでスキップ(ロンドン日報)】
かなりせっかちで前のめり。急がば周れないばかりか、地団駄踏んで転んでる。プリプリ怒って日が暮れる。そんなハナコのロンドン暮らしの絵日記。あまりロンドンぽくなくてすいません。

今の家に引っ越したのはもう2年半も前なのに、まだまだ家具が揃っていない。

現在の課題はソファーの前に置く「コーヒーテーブル」。

ソファー前にテーブルがないと、手持無沙汰というか、落ち着かないのか。人が来てもあまりソファーに座ってくれない。

皆ダイニングテーブルの方にす~っと向かう。

そんなもんなんですね。

せっかくソファーを買ったのに(これも一苦労だった)「なんだかなあ」とも思うので、焦ってテーブルを買いたくなるのだけれど、家具は1度買ったら捨てるのも大変。なので、グッと我慢して「運命のコーヒーテーブル」を探し続けている。

これが…なかなかないんですよ。

ほしいのは、本当にシンプルな「ただの机」。

ただただシンプルな、4本足の「フツー」のがほしいんです。

でもこの「フツー」の「シンプル」…が、ない。

とは言え探してはいるので、時々ネット上で「オッ、いいな!」と思うものに出会ったりもする。

でも、そういう「フツー」の「シンプル」に限って、おっそろしくお高い。

「なんでもない」ことがポイントなのに、その「なんでもない」が10万円とかしちゃったら、もうそれは「なんでもある」テーブルではないですか!?

イギリスでよく見るタイプのコーヒーテーブルには、天板の下にマガジンラックがついている。でも実は、この部分は私たちには必要なかったりもする。

…というのは、床に座ったときに膝が入る形の方が使いやすいから。

理想の高さは「サザエさんちのちゃぶ台」ぐらい。

でも高すぎたり、低すぎたりで、なかなかないのよ、「サザエさんち」の高さのものって。

「何でもない」が難しい。「運命の」コーヒーテーブル探しはまだまだ続く。

===

instagramでも更新しています。覗いてくださると嬉しいです(ペコリ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20189/23

【作るひと】現代イギリスを代表する陶芸家ジェニファー・リーさん  by hanako

何もないところから何かを生みだす― 「作るひと」 日々何かを“作ること”を糧としている人たち。「作る」に至ったのはなぜなのか? 「作ろう」…

【遠くに暮らす、両親のこと】告知

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

【家を買ってみたものの: London】白ヤギさんから小包来ない by Hanako

※【家を買ってみたものの: London】2015年7月にロンドンに小さなフラット(マンション)を購入。買ったはいいけど、日々事件が起こりま…

【今日の云々】人は「ふわトロ」になぜ弱い? by Hanako

ときどき考えるのだけど… なぜに人は「ふわふわ」と「トロトロ」に弱いのだろうか? 「ふわふわ」「トロトロ」という形容詞についただ…

報国寺竹林

【写真交換日記174】from Tokyo「あー、夏休み」

いいなー、綺麗な海。人のいない海。そんな海なら水着になって気にせず海を満喫できそう。 海に限らず、月並みな言い方だけれども、自然の景色…

ページ上部へ戻る