© matka All rights reserved.

20181/25

前のめりでスキップ(ロンドン日報)2018年1月25日(木)「『何でもない』が難しい」by hanako

※【前のめりでスキップ(ロンドン日報)】
かなりせっかちで前のめり。急がば周れないばかりか、地団駄踏んで転んでる。プリプリ怒って日が暮れる。そんなハナコのロンドン暮らしの絵日記。あまりロンドンぽくなくてすいません。

今の家に引っ越したのはもう2年半も前なのに、まだまだ家具が揃っていない。

現在の課題はソファーの前に置く「コーヒーテーブル」。

ソファー前にテーブルがないと、手持無沙汰というか、落ち着かないのか。人が来てもあまりソファーに座ってくれない。

皆ダイニングテーブルの方にす~っと向かう。

そんなもんなんですね。

せっかくソファーを買ったのに(これも一苦労だった)「なんだかなあ」とも思うので、焦ってテーブルを買いたくなるのだけれど、家具は1度買ったら捨てるのも大変。なので、グッと我慢して「運命のコーヒーテーブル」を探し続けている。

これが…なかなかないんですよ。

ほしいのは、本当にシンプルな「ただの机」。

ただただシンプルな、4本足の「フツー」のがほしいんです。

でもこの「フツー」の「シンプル」…が、ない。

とは言え探してはいるので、時々ネット上で「オッ、いいな!」と思うものに出会ったりもする。

でも、そういう「フツー」の「シンプル」に限って、おっそろしくお高い。

「なんでもない」ことがポイントなのに、その「なんでもない」が10万円とかしちゃったら、もうそれは「なんでもある」テーブルではないですか!?

イギリスでよく見るタイプのコーヒーテーブルには、天板の下にマガジンラックがついている。でも実は、この部分は私たちには必要なかったりもする。

…というのは、床に座ったときに膝が入る形の方が使いやすいから。

理想の高さは「サザエさんちのちゃぶ台」ぐらい。

でも高すぎたり、低すぎたりで、なかなかないのよ、「サザエさんち」の高さのものって。

「何でもない」が難しい。「運命の」コーヒーテーブル探しはまだまだ続く。

===

instagramでも更新しています。覗いてくださると嬉しいです(ペコリ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20193/18

【パブが好きすぎる in London 3】Anterope(パブ/ガストロパブ)in Tooting Broadway

ロンドン南部、Tooting Broadwayの駅前通りを5分ほど歩いた場所にあるパブ。ただ飲みに行くだけもよし、「ガストロパブ」としてレストラン使用も良し

月島

20193/15

【写真交換日記180】from Tokyo「春にぼんやり」

すっかり日記更新遅くなりましてすみません。青色申告が今年はギリギリで深刻になる前に提出できたことで、気分晴れ晴れ!ではあるのですが...、…

【今日の云々】アイデアはどこから来るのか? from London

毎日毎日いろんなことで自分の駄目さとか、アイデアのなさとか、「もうちょっと何とかなんないんかねえ?」と思ってグダグダ自分に愚痴っているので…

20192/17

【パブが好きすぎる in London 2】 Snap & Rye (カフェ・レストラン/Ladbroke grove駅)

※イギリスの「飲みどころ」と言えば「パブ(Pub)」。ほぼ下戸の・matkaロンドンのハナコと、ビールとパブを愛しすぎている「旦那のヒト」が…

【家を買ってみたものの: London】植木消滅 by Hanako

先日、居間の植木が1つを除いて全滅してしまうという我が家的には大事件が発生した。 か…かなり…落胆。 用もないのに居間に行っては…

ページ上部へ戻る