© matka All rights reserved.

【写真交換日記167】from London「スコッチエッグ」by hanako

ヨウコさんのかき揚げ、おいしそう~!(お皿もステキ!)

この冬、日本では野菜の値段が高騰している件、聞いてます。私も野菜モリモリ派なので野菜の値段が高いとツラい。

ありがたいことにこちらは冬でもあまり野菜の高騰を感じません。微妙に高くはなっているんでしょうが気にならない程度です。スーパーによってこの辺の事情は変わるのだと思うのですが、ウチから1番近いドイツ系スーパー(なんでこんなに安いのか?と心配になるぐらい安い)は値段が上がっても数十円レベル。イギリスではスーパーにヒエラルキーがはっきりあるので、お高級系の「Waitrose」とか「M&S」に行けば、もっとその辺の値段の上下を感じるのかもしれません。

===

ここ3年ほど家での食事を「何となくローカーボ」にしています。ローカーボ食への賛否はいろいろだと思うけど、私は父が糖尿病なので「一緒に頑張る」を理由で始めました。私の体には合っているようなので、あまり苦労なく続けています。

ローカーボを始めて油の摂取については気にならなくなったため、ウチも「揚げ物バンザイ」って感じです。小麦粉を薄めにするか、小麦粉の代わりの大豆粉で鳥の唐揚げやかき揚げを作っています。

大好きだから1度作ってみようと思いつつ、なかなか実現できないでいる揚げ物料理があります。それは「スコッチエッグ」。イギリスでよく見かける、ひき肉で卵を包み、パン粉をつけて揚げたものです。スーパーで出来合いのものも売ってますが、パブでもよく見かけます。

難易度は高くない料理ではあるけれど、家で作るにはひと手間。なのにパブで食べると割とリーズナブルな値段で食べられるので「小腹が空いたとき」によくオーダーする1品です。シンプルだけど、パブによって味の振れ幅が極端に違う料理の1つだと感じています。

美味しいお店では肉がジューシー、衣もカリッ! マズいお店だと、たぶん肉に繋ぎを入れまくり、揚げたてではないので衣も香ばしさがありません。

…とそれなりにウンチクがあるんですが、家で作ったことは1度もナシ。美味しいスコッチエッグを出すパブを何軒も知っているので「あそこにいけば食べられる」とつい思ってしまうから。

写真はロンドン中心部からやや北、イズリントン地区にあるパブのもの。揚げたてをさっとだしてくれるのが嬉しいお店。

作れるのに外で食べるとお高い! そんな料理だったら「家で作ってみよう」ともっと思うのだろうけど、300円ぐらいで美味しく食べられてしますので、ついつい外で食べてしまう。

今週来週は怒涛の締め切り週間。厳しい日々が続きます。しばらくは簡単料理しか作らない予定。

苦しい日々が終わったら、今度こそ作ってみようかな?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【写真交換日記173】from London 「誰も、いない」by hanako

「七草」、ステキです。木材のよい香りが漂ってきそう外観を見ているだけで、しゃっきりすっきりおいしい和食(の店か分かりませんが、そう予想)の味…

【お知らせ】Pen+「コーヒーのある暮らし」発売

ロンドンのハナコです。 6月27日に雑誌Penの別冊「Pen+(ペン・プラス)」のコーヒー本「コーヒーのある暮らし。」が発売になりまし…

【Pub in London1】 The Duke of Cambridge (ガストロパブ/Angel駅)

※イギリスの「飲みどころ」と言えば「パブ(Pub)」。ほぼ下戸の・matkaロンドンのハナコと、ビールとパブを愛しすぎている「旦那のヒト」が…

【お知らせ】<REISM(リズム)>さんサイトの連載更新  by Hanako

5月から東京のリノベーション・デザイナーズ賃貸会社「REISM(リズム)」さんのサイトで、インテリアやライフスタイルについての連載をさせてい…

20186/25

【絵葉書通信5】from Yoko in Tokyo

梅雨の東京から青空のロンドンに、素敵な紫陽花の絵葉書が届きました。 イギリスは日本と反対。6月が年間ででもっとも降雨量が少ないんです。…

ページ上部へ戻る