© matka All rights reserved.

前のめりでスキップ(ロンドン日報)「紙か電子か?」by hanako

※【前のめりでスキップ(ロンドン日報)】
かなりせっかちで前のめり。急がば周れないばかりか、地団駄踏んで転んでる。プリプリ怒って日が暮れる。そんなハナコのロンドン暮らしの絵日記。あまりロンドンぽくなくてすいません。

子どものころから本屋に行くと、コーフンしすぎてトイレに行きたくなって困ったものだった。いまでも本屋に行くと嬉しくってソワソワする。一時帰国したときの最大の楽しみのひとつが本屋のはしご&本の買いだめすること。

紙の匂い、インクの匂い、美しい装丁、本屋の雰囲気。全部好き。

ロンドンに何年暮らしても母国語は日本語だから、趣味で読む本は日本語が多い。でもイギリスの本屋も大好きだ。イギリスの装丁デザインも美しい。日本とはセンスや質感がまったくちがう。子どものころ読んだ本の原書を見つけるのもまた楽し。

と、紙の本が大好きなのに、実は英語の本は最近もっぱら電子書籍で読んでいる。なぜなら電子だと辞書機能がアプリに内蔵されているので、分からない単語に指を触れるだけであっというまに意味を教えてくれるからだ。昔のように辞書をひきひき頑張って読む必要がない。大変便利。

本屋に行って紙の本を手により、質感を確かめ、パラパラ眺める。気に入ったものは電子で再度数ページ「無料お試し読み」し、その後電子版を購入、というのが最近の英語書籍購入のパターン。矛盾してる買い方なのは重々承知。

電子書籍が現れて、英語の本に対するハードルがかなり低くなってありがたいのだけど、紙の本も大好きだからなくなってほしくない。本屋に入り浸るのが好きなだけに、その辺が悩ましい。

 

 height=

 

(絵は「Days of Reading」 (Penguin Great Ideas) の装丁をもとに、アレンジしたものです)

===

「前のめりでスキップ」はInstagramでも更新しています。良かったらチラ見してください。
https://www.instagram.com/hanako_london/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/9

本年もどうぞよろしくお願いいたします

2019年と何度か記入する度に、とてつもない違和感を感じながらも、もう9日になってしまいました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 …

東京駅

201812/31

【写真交換日記178】from Tokyo「良いお年を」

30年前のご家族のクリスマス、素敵な思い出ですね。 お父様には何度かお会いして、お世話になり、楽しい時間を過ごさせていただきました。感謝と…

201812/14

【写真交換日記177】from London「旅行者だったときのクリスマス」

暫く更新できずにごめんなさい。 ご存知のとおり、父のことで2カ月日本にいてバタバタな日々でした。父が11月9日に天国に旅立ち、いろいろ…

【家を買ってみたものの: London】デザインの秋 by Hanako

※【家を買ってみたものの: London】2015年7月にロンドンに小さなフラット(マンション)を購入。買ったはいいけど、日々事件が起こりま…

日の出

【写真交換日記176】from Tokyo「日の出起床委員会」

「ひこうき雲」、私もすごく好きな曲です。というか、荒井由実時代からユーミンの曲はどれも好きなんですけど。 「生死」について、自分も年を重ね…

ページ上部へ戻る