© matka All rights reserved.

ピアス

【写真交換日記168】from Tokyo「植物の力」by yoko

暗めの店内、ロウソクの灯る中で、スコッチエッグとビールって、日本ではまず見られない風景です。なんだか見入ってしまう写真ですね。卵についてはいろいろ語りたい、卵好きな私、板東英二ほどではないけれど、日に4個ぐらい食べたりもします。と、卵については長くなりそうなので、またの機会に。

今日、東京では桜の開花が宣言されました。もうそんな季節です。今年は冬はしこたま寒かったですが、ここのところすっかり暖かくなっていたので、桜もちょっと早いけれど「こりゃもう春だ!間違いない!」となったのでしょう。桜をはじめ、植物を季節ごとに愛でる気持ちも中年になってますます増えてきました。

そんな心をくすぶる植物アクセサリーを発見しました。写真のピアスです。F&Fというアクセサリーブランドは、植物を使用したアクセサリーを展開しています。このピアスは直径1cmほどの南アフリカ原産のシルバーブローニュの蕾で作られています。

すごくさりげないけど、存在感があって、可愛らしいけど力強さを感じて、さらにどんな服にも合わせやすい。アイデアもそうですが、「植物の力」にすごく惹かれるものがあります。それは「花」ではなく「蕾」であることが、自然と可能性を感じさせているのかもしれません。

これからいろんな花が蕾から花へ変化するこの季節は、フレッシャーズからいく年も過ぎてしまった私でも、様々な可能性をまだまだ感じていたい季節です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20188/2

【お知らせ】<REISM(リズム)>連載更新「暑いよ、ロンドン」 by Hanako

5月から連載させていただいている東京のリノベーション・デザイナーズ賃貸会社「リズム」さんのウェブマガジン<Reism Style>…

【写真交換日記173】from London 「誰も、いない」by hanako

「七草」、ステキです。木材のよい香りが漂ってきそう外観を見ているだけで、しゃっきりすっきりおいしい和食(の店か分かりませんが、そう予想)の味…

【お知らせ】Pen+「コーヒーのある暮らし」発売

ロンドンのハナコです。 6月27日に雑誌Penの別冊「Pen+(ペン・プラス)」のコーヒー本「コーヒーのある暮らし。」が発売になりまし…

【パブが好きすぎる1】 The Duke of Cambridge (ガストロパブ/Angel駅)

※イギリスの「飲みどころ」と言えば「パブ(Pub)」。ほぼ下戸の・matkaロンドンのハナコと、ビールとパブを愛しすぎている「旦那のヒト」が…

【お知らせ】<REISM(リズム)>さんサイトの連載更新  by Hanako

5月から東京のリノベーション・デザイナーズ賃貸会社「REISM(リズム)」さんのサイトで、インテリアやライフスタイルについての連載をさせてい…

ページ上部へ戻る