© matka All rights reserved.

ピアス

【写真交換日記168】from Tokyo「植物の力」by yoko

暗めの店内、ロウソクの灯る中で、スコッチエッグとビールって、日本ではまず見られない風景です。なんだか見入ってしまう写真ですね。卵についてはいろいろ語りたい、卵好きな私、板東英二ほどではないけれど、日に4個ぐらい食べたりもします。と、卵については長くなりそうなので、またの機会に。

今日、東京では桜の開花が宣言されました。もうそんな季節です。今年は冬はしこたま寒かったですが、ここのところすっかり暖かくなっていたので、桜もちょっと早いけれど「こりゃもう春だ!間違いない!」となったのでしょう。桜をはじめ、植物を季節ごとに愛でる気持ちも中年になってますます増えてきました。

そんな心をくすぶる植物アクセサリーを発見しました。写真のピアスです。F&Fというアクセサリーブランドは、植物を使用したアクセサリーを展開しています。このピアスは直径1cmほどの南アフリカ原産のシルバーブローニュの蕾で作られています。

すごくさりげないけど、存在感があって、可愛らしいけど力強さを感じて、さらにどんな服にも合わせやすい。アイデアもそうですが、「植物の力」にすごく惹かれるものがあります。それは「花」ではなく「蕾」であることが、自然と可能性を感じさせているのかもしれません。

これからいろんな花が蕾から花へ変化するこの季節は、フレッシャーズからいく年も過ぎてしまった私でも、様々な可能性をまだまだ感じていたい季節です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【遠くに暮らす、両親のこと】点滴だけの日々(10月16日~)

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

201810/10

【写真交換日記175】from London「ひこうき雲」

いつも忙しい陽子さんを私が催促しているのに、今回は私が更新滞ってしまいました。ごめんなさい。 美しい竹林画像のときはまだ夏だったんです…

20189/23

【作るひと】現代イギリスを代表する陶芸家ジェニファー・リーさん  by hanako

何もないところから何かを生みだす― 「作るひと」 日々何かを“作ること”を糧としている人たち。「作る」に至ったのはなぜなのか? 「作ろう」…

【遠くに暮らす、両親のこと】告知

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

【家を買ってみたものの: London】白ヤギさんから小包来ない by Hanako

※【家を買ってみたものの: London】2015年7月にロンドンに小さなフラット(マンション)を購入。買ったはいいけど、日々事件が起こりま…

ページ上部へ戻る