© matka All rights reserved.

【お知らせ】<REISM(リズム)>さんサイトの連載更新  by Hanako

5月から東京のリノベーション・デザイナーズ賃貸会社「REISM(リズム)」さんのサイトで、インテリアやライフスタイルについての連載をさせていただいています。第2回のコラムが更新になりました。

公式ウェブマガジンREISM style_【WORLD LIVING】ロンドン暮らしのライフスタイル・コラム更新!今回は、ロンドン・クラフトウィークのレポートから、イギリスのガーデニング事情(庭がなくても!)のお話など、たくさんの写真と共にお届けします♪https://www.re-ism.jp/reismstyle/worldliving/worldliving002/

REISM – リズムさんの投稿 2018年6月29日金曜日

今回はロンドン各所で開催された「クラフト・ウィーク」の模様と、庭もベランダもない家に住みつつも、「何とかとたわむれる生活をっ!」と願う私が、居間で楽しむ「箱庭ガーデンへの道」…について書きました。

記事にも書きましたが、「歳をとると緑と会話できるようになる」と誰かが言っていました。以前は緑に見向きもしなかったのに、この変容には自分でびっくり。鉢植え緑が可愛すぎて、1日何度も水やりしすぎて腐らせてしまいそうです。

そんな日々を綴っております。読んでくださると嬉しいです(ペコリ)。

記事はコチラから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【写真交換日記173】from London 「誰も、いない」by hanako

「七草」、ステキです。木材のよい香りが漂ってきそう外観を見ているだけで、しゃっきりすっきりおいしい和食(の店か分かりませんが、そう予想)の味…

【お知らせ】Pen+「コーヒーのある暮らし」発売

ロンドンのハナコです。 6月27日に雑誌Penの別冊「Pen+(ペン・プラス)」のコーヒー本「コーヒーのある暮らし。」が発売になりまし…

【Pub in London1】 The Duke of Cambridge (ガストロパブ/Angel駅)

※イギリスの「飲みどころ」と言えば「パブ(Pub)」。ほぼ下戸の・matkaロンドンのハナコと、ビールとパブを愛しすぎている「旦那のヒト」が…

20186/25

【絵葉書通信5】from Yoko in Tokyo

梅雨の東京から青空のロンドンに、素敵な紫陽花の絵葉書が届きました。 イギリスは日本と反対。6月が年間ででもっとも降雨量が少ないんです。…

前のめりでスキップ(ロンドン日報)「ミントに詫びる日々」by hanako

※【前のめりでスキップ(ロンドン日報)】 かなりせっかちで前のめり。急がば周れないばかりか、地団駄踏んで転んでる。プリプリ怒って日が暮れる…

ページ上部へ戻る