© matka All rights reserved.

【今日の云々】人は「ふわトロ」になぜ弱い? by Hanako

ときどき考えるのだけど…

なぜに人は「ふわふわ」と「トロトロ」に弱いのだろうか?

「ふわふわ」「トロトロ」という形容詞についただけで、その食べ物はすでに美味しい匂いを放つのだから、言葉の持つ力はすごい。

食べてもいないのに、誰もがその食べ物は美味しいと決めてかかる。

まるで呪文。

「ふわふわのパン」
「黄身がとろとろの半熟卵」

お~、聞いただけでふわふわなパンにたっぷりバターを塗りたくりたい衝動にかられますねえ。

そして黄金色のトロトロ半熟部分にお醤油「ちょん」ってたらして、一口でパクッといきたいわぁ。

食感や色味、そして味が想像できますよねえ。

小さな「っ」が付くとさらに最強。

「ふわっふわのシュークリームの中のに、
トロットロのカスタードクリームが入ってるよ~」

…食べないわけにはいかんでしょう。
別に目の前にあるわけじゃないんだけど。

そして何て言っても最強なのは「ふわ」と「トロ」が合体した

ふわトロ」だ。

「作りたてのアツアツのオムライス」
「作りたてのふわトロオムライス」

どっちが美味しそう?

聞くまでもありませんよねえ(笑)。

でも、でもね。私は日ごろはどちらかというと堅くて歯ごたえのあるものを追い求めていきているんですよ。

日本に一時帰国中の楽しみはスーパーとコンビニ巡りですが、スーパーに行くたびにおせんべいとかイカの軟骨とか砂肝とかを無意識に探すぐらい、「堅モノ」を深~く愛しているんですよ。

そんな私でさえ、「ふわトロ」と言われると「ビクッ!」としてしまうのだから、この擬音語はもう音そのものに味があるような気がしてならない。

…とそんなことを考えながら、毎月「ポテンシィ」さんのサイトで連載させていただいているコラム掲載用のイギリスの夏のデザート「フール」を作ってみました。

程よく泡立てたクリームはふわっふわ

新鮮果物を砂糖となじませて…


果汁と「ふわふわ」を重ねて盛り付け!

やっぱり「ふわふわ」は音だけじゃなくて食べても美味しいようです…。

ふわふわで軽いから、本当にどんぶりいっぱいペロリ!っと食べられるレベルの美味しさ。でもすっごく作り方は簡単です。

そんな「ふわふわ」「美味しい」「簡単」の三拍子揃ったレシピをポテンシィさんのサイトで公開しております。

覗いてくださるとうれしいです。

フワフワが嬉しい夏のデザート『フール』とは?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20196/26

【写真交換日記186】from London「自由な精神」

私も、久米さんのラジオいつも聴いてます。先日は「2020年オリンピックチケット申し込んだ?」のメールテーマで、「番組踏絵」と称してリスナ…

【パブが好きすぎる in London 番外編】くつろぎ&愛しの「おやじパブ」

※イギリスの「飲みどころ」と言えば「パブ(Pub)」。ほぼ下戸の・matkaロンドンのハナコと、ビールとパブを愛しすぎている「旦那のヒト」…

20196/24

【podcast 11】前髪斜めに切ってみました&宇宙事件簿「我が家のルール」&「日本のプラスチックごみの輸出」

地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ…

【絵葉書通信7】from Yoko in Tokyo

すっかり半袖の東京から、まだまだ長袖のロンドンに絵葉書が届きました! おお、ウォルフガング・ティルマンス! わたくしも…

日本民芸館 

【写真交換日記185】from Tokyo「大胆さと繊細さ」

私も、久米さんのラジオいつも聴いてます。 先日は「2020年オリンピックチケット申し込んだ?」のメールテーマで、「番組踏絵」と称してリスナー…

ページ上部へ戻る