© matka All rights reserved.

201810/10

【写真交換日記175】from London「ひこうき雲」

いつも忙しい陽子さんを私が催促しているのに、今回は私が更新滞ってしまいました。ごめんなさい。

美しい竹林画像のときはまだ夏だったんですね…。深緑の世界が本当に素敵です。

ロンドンは今年猛暑だったけれど、9月になって以来すっかり秋の風です。

実は今、いろいろあって日本にいるのですがこれはロンドンの写真。陽子さんの「あー、夏休み」に反応してみて、日本の歌謡曲しばりで「ひこうき雲」(荒井由実)で攻めてみました(笑)。

ほかの記事でも書いているように、父が難病と診断されて以来落ち着くことのない日々を送っています。この写真は今回帰国する前、ロンドンで本気の「バッタバタの日々」を過ごしていた時に見上げた空の写真です。

今回の帰国がどれだけなのかわからないから、とにかく先にやっておける仕事をやっつけるために、ロンドン中を走り回っていました。日本を思いながらの心配と、目の前の仕事と、片付けることの山積み具合に絶望していたけど、ふと見上げたらあまりに空がきれいで、そこにスーッと飛行機が過ぎ去っていきました。

そこでユーミンの音楽が頭の中に響いたわけではないけれど、後で写真を見ながら「荒井由実」だった時の曲はいいなあと改めて思ったり。ユーミンのファンではまったくないものの、年齢的には「松任谷由実」が女王様としてふんぞり返っていた時期を知っている世代。あまのじゃくの私はその流れに乗らなかったけど、(「松任谷時代」と比べ)「荒井時代」の割と暗めでキラキラのない曲はいいなあと思いました。

「まちぶせ」の歌詞の陰湿さには正直ドン引きますが(ねっちりした恨み節がなんとも凄いぜw)、「ひこうき雲」はアニメ「風立ちぬ」を映画館で見て久々に聞き、抑揚がありすぎない曲調がすごくあっているなあと思った次第。

死を思わせる歌詞が、今は心に響きます。誰もいつか迎えるその日。空の向こうに何があるのか、私は知っているつもりだけどもちろん行ったことはない。私はその時を迎えるとき、まっすぐ恐れずに舞い上がっていけるのだろうか? 今、空を見るとそんなことを考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【遠くに暮らす、両親のこと】点滴だけの日々(10月16日~)

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

20189/23

【作るひと】現代イギリスを代表する陶芸家ジェニファー・リーさん  by hanako

何もないところから何かを生みだす― 「作るひと」 日々何かを“作ること”を糧としている人たち。「作る」に至ったのはなぜなのか? 「作ろう」…

【遠くに暮らす、両親のこと】告知

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

【家を買ってみたものの: London】白ヤギさんから小包来ない by Hanako

※【家を買ってみたものの: London】2015年7月にロンドンに小さなフラット(マンション)を購入。買ったはいいけど、日々事件が起こりま…

【今日の云々】人は「ふわトロ」になぜ弱い? by Hanako

ときどき考えるのだけど… なぜに人は「ふわふわ」と「トロトロ」に弱いのだろうか? 「ふわふわ」「トロトロ」という形容詞についただ…

ページ上部へ戻る