© matka All rights reserved.

【写真交換日記55】from London「チャーチルと狛犬」

よーこさんが狛犬ファンだったとは初めて知りました。そうだと知っていたら写真撮って来ればよかった・・・。

というのは先週末にわりとたくさん狛犬見て来たんです。

仕事で美術館や宮殿に行ったのですが、江戸や明治時代に日本や中国からお偉い方々が購入したり、プレゼントとしてもらった狛犬がイギリスにはたくさんあります。

写真はウィンストン・チャーチルの生家として知られるブレナム宮殿です。ここにも何匹も大事に飾られていました。

赤子だったチャーチルをハイハイしている姿をきっと目撃したであろう狛犬たち。綺麗な絨毯や棚の上でにらみを利かせていました。

しっかしこのお城・・・、本当に大きい・・・!
いろんな貴族の屋敷がありますが、かなりの規模。

公共交通機関で行くんにはなかなか不便な場所なのですが、観光バスがガンガン止まり、たくさんに人で賑わっていました。
庭園が見事なので、天気が良い日にのんびり行くには素敵な場所です。

ちょっとどんより空だった残念な写真ですみません・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【遠くに暮らす、両親のこと】点滴だけの日々(10月16日~)

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

201810/10

【写真交換日記175】from London「ひこうき雲」

いつも忙しい陽子さんを私が催促しているのに、今回は私が更新滞ってしまいました。ごめんなさい。 美しい竹林画像のときはまだ夏だったんです…

20189/23

【作るひと】現代イギリスを代表する陶芸家ジェニファー・リーさん  by hanako

何もないところから何かを生みだす― 「作るひと」 日々何かを“作ること”を糧としている人たち。「作る」に至ったのはなぜなのか? 「作ろう」…

【遠くに暮らす、両親のこと】告知

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

【家を買ってみたものの: London】白ヤギさんから小包来ない by Hanako

※【家を買ってみたものの: London】2015年7月にロンドンに小さなフラット(マンション)を購入。買ったはいいけど、日々事件が起こりま…

ページ上部へ戻る