© matka All rights reserved.

【家を買ってみたものの: London】デザインの秋 by Hanako

※【家を買ってみたものの: London】2015年7月にロンドンに小さなフラット(マンション)を購入。買ったはいいけど、日々事件が起こりまくる…。

「文化の秋」とか「食欲の秋」とか「スポーツの秋」とか昔からよく聞く言葉ですが、在英数年経ってから「イギリスではそういった言い方、全然しないな~」と気づきました。

日本同様イギリスに四季はハッキリとあるものの、季節ごとのキャッチフレーズが乏しい感じ。

でも「ロンドン」「イギリス」にまつわる形容詞は結構あるような。とはいえ「生活者」として耳にすると、ピンとくるもの、来ないもの、いろいろです。

「霧のロンドン」←「はて…」っていう感じ(石炭使用全盛期はそのとおりだったようですが)。
「雨の街、ロンドン」←まあ、これはホントかも。
「紅茶の国、イギリス」←これもホント。でも最近はコーヒーの街でもありますよ。

(↓ご参照ください。ロンドン・コーヒー事情を取材してます。宣伝でーす)

Pen コーヒーのある暮らし。 (メディアハウスムック)

「紳士の国、イギリス」(←これは…全く同意できん…)
「金融の街、ロンドン」(←これはホント。イギリスもロンドンも、金融がメイン産業です)
「ファッション」「アート」あたりは、パリ、ニューヨーク、ミラノなどの大都市共通の形容詞でしょう。

実はロンドンには「デザインの街」という一面もあります。これは私がこの町で暮らしつつ、体感していることです。

金額的な意味合いや産業規模で計ったわけではないものの、新しいデザインがどんどん生まれ、デザインで見せる商品や店舗、空間を楽しめる機会が多いと感じています。日本に帰国するたびに同様の感覚を持つので、日本も「デザインの国」ですよね。でもトレンドは国によって異なるので、毎回その相違に新鮮な驚きがあることも日本への一時帰国の楽しみだったりしています。

そしてロンドンの秋は「デザインの秋」でもあるんです。

具体的には、9月中旬にデザイン関係のイベントが多数開催されるからです。総称して「ロンドン・デザイン・フェスティバル」と呼ばれています。大きな展示会や見本市が開催され、インテリアのお店や美術館などにも様々なイベントが行われる、デザイン好きにはたまらない1週間です。

今年、私は2つの大きな展示会に行ってきました。1つはラグジュアリー・インテリア関係の展示会、もう1つはインテリアや雑貨等を幅広く網羅したコンテンポラリー・デザインの展示会です。

毎月連載させていただいている「リズム」さんのサイトに書かせていただきました。

展示会に行くと大いに触発を受け、「我が家インテリアをもっと何とかできないものか?」と帰りの電車の中でふかーく考えてしまうのですが、なかなか「本気のオサレ」を我が家に応用できずにおります。その辺はセンスと技をもっと磨かないとダメなのでしょう。

リズムさんに書いた記事はコチラから。

読んでくださると嬉しいです(ペコリ)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201812/14

【写真交換日記177】from London「旅行者だったときのクリスマス」

暫く更新できずにごめんなさい。 ご存知のとおり、父のことで2カ月日本にいてバタバタな日々でした。父が11月9日に天国に旅立ち、いろいろ…

日の出

【写真交換日記176】from Tokyo「日の出起床委員会」

「ひこうき雲」、私もすごく好きな曲です。というか、荒井由実時代からユーミンの曲はどれも好きなんですけど。 「生死」について、自分も年を重ね…

【今日の云々】イギリスは空前の〝ベジ”ブーム by Hanako

何度か書いていますが、ワタクシ、この数年「やや」糖質制限実践中です。 「やや」というぐらいなのでまあまあ緩めです。揚げ物の衣は「ないこ…

【遠くに暮らす、両親のこと:日報】トイレが遠い(11月2日~4日)

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

【遠くに暮らす、両親のこと:日報】点滴だけの日々(10月16日26日)

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

ページ上部へ戻る