© matka All rights reserved.

【写真交換日記67】from London 「ペルセポリス」

ボノの絵本、白黒のイラストに強さがあっていいですね。

ピーターと狼…小学校の音楽の時間に聴き、物語も知りました。以来「ピーターと狼」みたいにならないように気を付けて生きております。

絵本&古本関係では書きたいことがたくさんありすぎますが、ボノの絵本の見ていたら「白黒ビビット・イラスト」つながりで漫画「ペルセポリス」の事を思い出しました。

イラン出身の漫画家・イラストレーター マルジャン・サトラピ作の漫画です。

この漫画は2007年に映画化されていて、私がこの作品を知ったのは映画版の予告でした。「I of the Tiger」にノッて踊るイランの少女の映像(特にアニメーションのイラスト部分)が衝撃で、その後調べたら漫画だったことを知り、日本語で読みたくて送ってもらいました。

↓予告編とは違うのですが。こんな感じに踊り狂う子供版でした。

イランの実情をこの漫画でほぼ初めて知ってショックを受けました。90年代のイラン映画ブームでそれなりに民主化された国かと思っていたら、全然違っていたようです。

内容はもちろんですが、黒白のイラストにインパクトがあります。こういうイラストも大好き!と読むたびに思う本です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201812/14

【写真交換日記177】from London「旅行者だったときのクリスマス」

暫く更新できずにごめんなさい。 ご存知のとおり、父のことで2カ月日本にいてバタバタな日々でした。父が11月9日に天国に旅立ち、いろいろ…

【家を買ってみたものの: London】デザインの秋 by Hanako

※【家を買ってみたものの: London】2015年7月にロンドンに小さなフラット(マンション)を購入。買ったはいいけど、日々事件が起こりま…

日の出

【写真交換日記176】from Tokyo「日の出起床委員会」

「ひこうき雲」、私もすごく好きな曲です。というか、荒井由実時代からユーミンの曲はどれも好きなんですけど。 「生死」について、自分も年を重ね…

【今日の云々】イギリスは空前の〝ベジ”ブーム by Hanako

何度か書いていますが、ワタクシ、この数年「やや」糖質制限実践中です。 「やや」というぐらいなのでまあまあ緩めです。揚げ物の衣は「ないこ…

【遠くに暮らす、両親のこと:日報】トイレが遠い(11月2日~4日)

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

ページ上部へ戻る