© matka All rights reserved.

201511/22

【写真交換日記78】from Tokyo「またこの季節がやってきた」

やっぱり、ロンドンのミュージアムはセンスあるな〜。と思いました。
なにげなく素敵なのはさずがです。

ちょうど昨年の写真ですみません。
表参道のスパイラルで、行われた「CITIZEN “LIGHT is TIME” ミラノサローネ2014 凱旋展」の模様です。
腕時計の基盤部品である「地板(ぢいた)」を使い「光と時」を表現されたもの。

11月末、私にとっては、もう1年経っちゃったよー。というまさに「光のように時が過ぎた」と感じる季節です。
またイルミネーション溢れるこの季節がやってきた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【遠くに暮らす、両親のこと】点滴だけの日々(10月16日~)

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

201810/10

【写真交換日記175】from London「ひこうき雲」

いつも忙しい陽子さんを私が催促しているのに、今回は私が更新滞ってしまいました。ごめんなさい。 美しい竹林画像のときはまだ夏だったんです…

20189/23

【作るひと】現代イギリスを代表する陶芸家ジェニファー・リーさん  by hanako

何もないところから何かを生みだす― 「作るひと」 日々何かを“作ること”を糧としている人たち。「作る」に至ったのはなぜなのか? 「作ろう」…

【遠くに暮らす、両親のこと】告知

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

【家を買ってみたものの: London】白ヤギさんから小包来ない by Hanako

※【家を買ってみたものの: London】2015年7月にロンドンに小さなフラット(マンション)を購入。買ったはいいけど、日々事件が起こりま…

ページ上部へ戻る