© matka All rights reserved.

201511/22

【写真交換日記78】from Tokyo「またこの季節がやってきた」

やっぱり、ロンドンのミュージアムはセンスあるな〜。と思いました。
なにげなく素敵なのはさずがです。

ちょうど昨年の写真ですみません。
表参道のスパイラルで、行われた「CITIZEN “LIGHT is TIME” ミラノサローネ2014 凱旋展」の模様です。
腕時計の基盤部品である「地板(ぢいた)」を使い「光と時」を表現されたもの。

11月末、私にとっては、もう1年経っちゃったよー。というまさに「光のように時が過ぎた」と感じる季節です。
またイルミネーション溢れるこの季節がやってきた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast19】前髪斜めに切ってみました:改めましての「自己紹介ネタ」2本立て

皆様こんにちは、フローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと み…

【写真交換日記190】from London「人が集る家、集まらない家」

ヨウコさんが撮影した「家畜 ―愛で、育て、屠る―」展の写真のインパクト、キョーレツでした。私の周りには最近ベジタリアンやビーガン的食生活を…

アサーション権

【podcast 18】前髪斜めに切ってみました&宇宙事件簿「もっと広めたい、アサーション権」「憲法裁判記録8割超を廃棄」

こんにちは豊里耳(とよさと みみ)です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと み…

20198/6

【調べてみました(更新中)】英・新内閣の面々(6人分まで完了)

知りたいこと、知らないことを調べてみました。 <はじめに>こちらの記事は更新継続中です。一気に調査&執筆ができないため、更新した分を…

【ドキュメンタリー作品アーカイブ】「世界・わが心の旅/プラハ・4つの国の同級生」(日本)

米原万里さんを初めて知ったのは、1990年代?、TBSで土曜の夜に放送していた「ブロードキャスター」という番組だったと思う。

ページ上部へ戻る