© matka All rights reserved.

20169/2

【何とかしたいインテリア】額縁を染めてみる

居間の壁、まだまだ寂しい状態が続いております。

DSC_3073

どうにでもなる「白い壁」。でもどうにでもなるからこそセンスが問われ、その辺に全く自信がないのにどうしたらいいものかと唸る日々。

考えた末にこの壁は好きな植物画やドライフラワーなどで埋めていきたいと決めたものの、この夏は仕事ばかりしていて(仕事しかしていない)、額、接着テープ、フック、そもそもドライにする花さえ買いに行けないよ!な毎日が続いておりました。

花は別として、文房具や材料はオンラインで買えばいいじゃない?と思いますよね?

その内書きますがウチはマンションの立地および共同ドアに難点があり、「デリバリーが届かない」問題も抱えているのです。「オンラインで材料を揃える→デリバリーが届かずヤキモキも辛い」となかなかオンラインで買い物もできないのですが、毎日「どうにかしたいよ、インテリア…」と思っているのもなあと思いなおし、最近は「届かないかもしれない」の心配を封印してオンラインでガンガン買い物しています。

今のところは…割と届いていてホッとしています。

壁を傷つけずに額を止められる両面テープが届いたので、

Command™ Brandさん(@commandbrand)が投稿した写真

↑こういう両面テープです。いろいろ種類があり、7キロ以上のものも貼れるのだとか。

早速1つ額を増やすことにしました。

さまざまな慈善団体が、寄付された品(新品だったり中古だったり)を販売している「チャリティーショップ」がイギリス全土にたくさんあるのですが、ほどよく古びた、でも未使用のハガキサイズの額を買っておいたので、大事にしていた「botaniko press 」さんのクリスマスローズのポストカードを飾ることにしました。

↑次に買いたい、ワスレナグサのポストカード。

居間の壁には何となく黒の額縁が合わない気がする。だからゴールド系の額縁をちょっとずつ集めているのですが、でも、このクリスマスローズの繊細なポストカードには金の額は合わない気がする。困ったなあと思いつつ、一応入れて飾ってみたのですが、

DSC_3077a何だか…額縁のキンキラ具合が気になります。

ポストカードの色も生成りがかった紙。額縁はちょっとチープな金ぴか。同系色なので余計にピカピカ感が加速しているような。

まだDIY1年生で、板や素材に色を付けるペイントやワックスも揃っていないんです。でも思い立ったときにやりたい「せっかち」タイプなワタクシなので、今日やりたい…。

そこで、「コーヒー」で染めてみました。失敗しても洗えばまた使えます。

DSC_3087aインスタントコーヒーをかなり濃い目に水で溶き、指でベタベタなでつける…を繰り返して染めています。

DSC_3090a

まだまだですが…金ぴかよりは多少はマシになったかも…と思い、ひとまずこのまま飾っています。

このクリスマスローズのカードには木製の額縁の方が似合うのかな。木製の額を探してこなくては。大好きなカードなので、合うものを探して近々取り変えたいと思います。

まだ「初めの1歩」にもならない「インテリア(を何とかしたい)への道」なのですが、やってみて気づくこと、やらないと分からないことばかりです。必要な素材、道具もたくさんありますね。

足したり引いたり、変えたり直したりしながらこの家と付き合っていくのだと思います。焦り症なのですが、焦らずゆっくり「なんとか」していきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

桜とグラウンド

20194/16

“【写真交換日記182】from Tokyo「R指定」”

桜が開花しても寒暖差があって、なかなかの冬日もありましたが、ようやく暖かい春めいた日がやってきました。そんでもって、「令和」ですよ。この日…

【今日の云々】頑張れそうな気がする

しばらくの間、キリキリするような日々を過ごしております。 かなりキツイ&辛い系の仕事が連続で入り、しかも大量なのでやってもやっても全…

20194/3

【写真交換日記181】from London 季節が変わる頃には

青色申告、早めに終わって良かったです。毎年大変そう…って思ってました。3末の忙しい時期と被っていて、そうでなくても陽子さん忙しいのにって心…

20194/1

【ラジオが好きなもので】「TBSラジオ 荒川強啓 デイ・キャッチ!」終わってしまったよ

日本におりますYokoです。フリーランスで自宅勤務の私にとって、ラジオは同僚であり先輩であり、先生であり、友達のような、なくてはならない存…

【Brexit日記】霧の向こうが見えない

久々のBrexit日記です。ずっとサボっていました。そしてサボっている間に、何かが進んだかというと、実は何も進んでいなかったのだから驚きで…

ページ上部へ戻る