© matka All rights reserved.

ルーヴルNo.9

【写真交換日記120】from Tokyo「漫画のステータス」

夕焼けを見ながらのレストラン、夏の終わりのいい時間ですね。何料理を食べたんでしょう?

日本は台風シーズン突入で、湿気ムンムンの暑さ→体がだるいです。それでもすこーし朝晩は秋の風が吹いています。
そんな「芸術の秋」も間近な先日、森アーツギャラリーの「ルーヴルNo.9 〜漫画、9番目の芸術」を観に行きました。793年の開館以来、200年以上の長い歴史を持つルーヴル美術館が、「漫画」でルーヴル美術館を表現する(HPより)という内容で、フランスの漫画家とルーヴルが見込んだ日本の漫画家たちも参加しています。「ルーヴル美術館をテーマに」ということで、若干ハードルが高いような感じもありますが、そこはみなさんの豊かな作家性で興味深い内容の漫画の原稿が並んでいました。内容はともかく、日仏の著名な漫画の原稿を観るだけでも価値のある展覧会かと思いました。

私は漫画ってほんとうにすごい表現手法だと普段から思っていますが、「おフランスのルーヴルざます!」(イヤミ風に)というやや高飛車な感の今回の展覧会で、漫画のステータスもまた一つ上がったのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【遠くに暮らす、両親のこと】点滴だけの日々(10月16日~)

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

201810/10

【写真交換日記175】from London「ひこうき雲」

いつも忙しい陽子さんを私が催促しているのに、今回は私が更新滞ってしまいました。ごめんなさい。 美しい竹林画像のときはまだ夏だったんです…

20189/23

【作るひと】現代イギリスを代表する陶芸家ジェニファー・リーさん  by hanako

何もないところから何かを生みだす― 「作るひと」 日々何かを“作ること”を糧としている人たち。「作る」に至ったのはなぜなのか? 「作ろう」…

【遠くに暮らす、両親のこと】告知

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

【家を買ってみたものの: London】白ヤギさんから小包来ない by Hanako

※【家を買ってみたものの: London】2015年7月にロンドンに小さなフラット(マンション)を購入。買ったはいいけど、日々事件が起こりま…

ページ上部へ戻る