© matka All rights reserved.

映画化決定??珍脱獄事件

最近、2つの脱獄事件が大きな話題となっていますね。

1つは、150年間脱獄者0だった、ニューヨークのクリントン刑務所から
2名の脱獄(のち一人は射殺、一人は逮捕)。もう一つはメキシコ麻薬王の2度目の脱獄。

麻薬王に関しては、刑務所職員も買収されていたし(11人逮捕)、外にももちろん協力者多数で、かなりしっかりしたトンネルから、オートバイで楽々脱獄。
これじゃあ、捕まえてもまた脱獄してしまうでしょうね。
(メキシコじゃないところで収監できないものか。)

大金持ちの麻薬王は特別な例ですが、
世界の脱獄の例を見てみると、それぞれにドラマ性があります。
ゆえに映画化になったものも多く、
「アルカトラズからの脱出」と「大脱走」が最も有名だと思いますが、
ここでは、個人的に「これは!?」「これはwwww」という小物感の漂う脱獄事件(未遂も含む)を集めてみました。タイトルは勝手に命名しました。

 

1.もっとダイエットしていれば

「あれれ、ぬ、抜けないのだけど?」「お前ってやつはww」
そんな言葉が聞こえてきそうな、恥ずかしい脱獄事件。

20150720

2012年12月4日、ブラジルのゴイアス州の刑務所で、穴を開けて脱獄しとうとしたものの写真のように、見事にハマってしまい、動けなくなって結局自らで助けを呼んだとのこと。
写真右から2番目の看守の、もう笑えてしょうがない感がなんともいえません。

出典:http://www.sickchirpse.com/

2.お色気大作戦

「看守さ〜ん、私と遊ばな〜い♥」とセクシー衣装で誘惑。
またまたブラジルですが、2015年2月5日ノバ・ミュタム刑務所で、
3人の看守が裸で発見、28人の受刑者が脱獄していたのでした。
受刑者の仲間の女性3人が、セクシー衣装で誘惑して拳銃と鍵を盗むって言う手口でしたが、なんだかギャグ漫画のようで、バカバカしくって笑ってしまいます。
しかもこの衣装ですから。その後、28人全員+看守も逮捕でチャンチャン、ですね。

20150720_2

出典:
http://www.mirror.co.uk/news/world-news/womens-prison-mass-jail-break-5120591

3.ハイヒールをなめるなよ

「なんだか、あいつ、カクカク歩いているぞ…。逮捕だー!」
なんだかまた、偶然ブラジルなのですが…。
2012年4月7日麻薬密売人のロナウドは、面会に来た妻が持って来てくれた、青いドレス、かつら、ブラジャーを身にまとい、
腕と足のむだ毛を処理し、ハイヒールを履いて脱走を試みました。
妻との面会の後で歩いて正門から出ようとしたものの、
あまりに歩き方が不自然だったため、呼び止められ、脱獄は未遂に終わりました。
その時の写真がこれです。

20150720_3

うん、突っ込みどころ満載です。
歩き方の前に、かなり無理があるんだけども…。容姿に関しては、不審に思われなかったとのことで、どうして?という感じです。
しかも、腕の毛剃ったとのことだけど、写真ではもじゃもじゃに見えるのですが…。ブラも思いっきり見えている…。
出典:
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2125968/And-nearly-got-away–How-prisoner-dressed-wifes-clothes-sashayed-past-guards-freedom-noticed-funny-walk.html

4.世界びっくり軟体人間

「ヨガって体にいいよね。脱獄にもいいよね。」
2012年9月17日韓国のテグ拘置所にて、23年間のヨガ経験のある囚人が、
6 x 18 inches(15.24 ×45.7cm)の食事の配給口から抜け出して脱獄に成功しました。(60日後に逮捕)
yogasouth1

sukima1

これはすごい。ヨガってすごい。と素直に驚きます。
だが、日本には過去に白鳥由栄という伝説の脱獄王がいます。
彼は「頭が入れば、どこからでも脱獄できる」と言って、
全身を脱臼させて脱獄していたのでした。
この人、みそ汁で鉄枠を毎日腐食させて脱獄したりと、
本当に伝説の人です。(その能力、他で活かしてほしかった。)
詳しくはこちら>>
人間のいろんな可能性を感じます。

出典:
http://www.theyogablog.com/prisoner-escapes-jail-using-yoga/

5.人生楽勝だぜいっ!

「大変な思いして穴とか掘らなくても、脱獄なんてできるしー。」
こちらはイギリス、28歳のニール・ムーアは、合計181万9000ポンド(日本円で約3億2000万円)の詐欺罪で、収監されていました。
ムーアは、どうにか入手したスマートフォンで、裁判所のドメインに類似のドメインを取得、2014年3月10日に裁判所書記官を装って「ニール・ムーアの釈放が決定しました」とのメールを刑務所に送付。
それを信じた刑務所担当者がムーアを釈放、ムーアはなんの苦労もなく脱獄。
その後、3日も脱獄に気付かれなかったのですが、ムーアはなぜか自首したそうです。

20150720_5

現代っ子ならではの脱獄、コツコツ型の脱獄犯がほぞを噛むような手口ですね。

出典:
http://www.bbc.com/news/uk-england-london-32095189

今回は小ネタ脱獄を5つだけ掲載してみましたが、
脱獄ネタは歴代・世界を調べると、本当に驚く話が多いので、またの機会にまとめてみたいと思います。
犯罪人が世の中に出てしまう、脱獄なんて、もちろんないに越した事はないのですが、
平凡な日常に話題を提供してくれる、おもしろい脱獄事件も世界にはつきません。

Yoko

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【写真交換日記172】from Tokyo「穏やかな明日への活力」by yoko

すっかり更新遅くなりましてすみません。日本は梅雨で少し肌寒くもある今日この頃です。最近、極度の引きこもり生活だ続いていたので、なかなか外食す…

【朝のコーヒー、午後のお茶】「イライラ」のループ by hanako

※【朝のコーヒー、午後のお茶】 コーヒー、紅茶を飲みながら思うこと。 寒い&涼しいが身上のイギリスにも、それでも夏はやってくる。コーヒー…

【今日のSNS画像】Jule Waibelのスタジオと体力必須の「折り」動画 by hanako

※日々目にするSNS画像。憶えておきたい気に入ったもの、ハッとしたもの等。 ひきつづき、アーティストのスタジオ写真が気になっている。先週末…

【今日のSNS画像】V&Aのレジデント by Hanako

※日々目にするSNS画像。憶えておきたい気に入ったもの、ハッとしたもの等。 ヴィクトリア&アルバート美術館にはレジデンシー制度があり、美術…

【お知らせ】<REISM(リズム)>さんサイトで新連載始まりました by Hanako

お知らせです。 このたび、東京のリノベーション・デザイナーズ賃貸会社「REISM(リズム)」さんのサイトで、インテリアやライフスタイル…

ページ上部へ戻る