© matka All rights reserved.

東京国立近代美術館

【写真交換日記132】from Tokyo「感化されやすいアート写真」

茶道部だったhanakoさん、いつかお点前拝見したいものです。
アーティストの工房で、仕事場を見るのも楽しみの一つですね。器、シンプルだけど味があって素敵ですね。私なら躊躇せずに買ってしまってたかも。

この季節は東京でも様々な展示会が開かれ、興味深いものが多いので、私もチェックしつつ出かけたりします。先日最終日に行ったのは東京国立近代美術館で行われた、ドイツの写真家のトーマス・ルフ展。本格的回顧展というだけあって、すごい人出でした。写真展自体も面白かったですが、写真展に来るお客さんを見るのも楽しみ、時間もあったので常設展も観てみました。写真展を観たあと、心のどこかで「私にもいい写真が撮れるんじゃないか」妄想が広がり、自ずとパシャパシャしてしまうのです。そんな気分は私だけではなかったようで、、、常設展を観ていた際、海外からの観光客のおじちゃんと向かい合わせに、窓ごしにオブジェの写真を撮っていたのでした。そんでもって、その写真をモノクロにしてみたりして、すぐ感化されるわたくしです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【遠くに暮らす、両親のこと】点滴だけの日々(10月16日~)

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

201810/10

【写真交換日記175】from London「ひこうき雲」

いつも忙しい陽子さんを私が催促しているのに、今回は私が更新滞ってしまいました。ごめんなさい。 美しい竹林画像のときはまだ夏だったんです…

20189/23

【作るひと】現代イギリスを代表する陶芸家ジェニファー・リーさん  by hanako

何もないところから何かを生みだす― 「作るひと」 日々何かを“作ること”を糧としている人たち。「作る」に至ったのはなぜなのか? 「作ろう」…

【遠くに暮らす、両親のこと】告知

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

【家を買ってみたものの: London】白ヤギさんから小包来ない by Hanako

※【家を買ってみたものの: London】2015年7月にロンドンに小さなフラット(マンション)を購入。買ったはいいけど、日々事件が起こりま…

ページ上部へ戻る