© matka All rights reserved.

青の洞窟

201612/21

【写真交換日記134】from Tokyo「クリスマスキャロルが〜♪」

ガラスの花瓶は立たずまいがなんともかわいいですね。シンプルな部屋に映えます。

日本は今日冬至です。とはいえ、柚子湯に入るようなお宅は昨今少ないんではないかもしれません。それというのも街はクリスマス一色だからです!(声を大にして)

真似っこ文化、ここに極まれり。と、冬至はどうでもよくてもクリスマスは世の中的に外せないイベントです。そんな年寄りみたいなことを言いつつも、イルミネーションがあればそこは見てしまうのが世の常というもの。正直、嫌いじゃないです。写真は渋谷のNHK前に青く輝く通りその名も「青の洞窟」みんな楽しげに歩いていましたよ。

このイルミネーション、青のライトがとにかく凄いんですが、ずっと見てると何だかチカチカして目にくる〜。
それにしても、このイルミネーションとは関係ないんですが、稲垣潤一の「クリスマスキャロルの頃には」がいつまで聴かれ続けるのか、毎年気になっています。クリスマスソングは息が長いよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【遠くに暮らす、両親のこと】点滴だけの日々(10月16日~)

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

201810/10

【写真交換日記175】from London「ひこうき雲」

いつも忙しい陽子さんを私が催促しているのに、今回は私が更新滞ってしまいました。ごめんなさい。 美しい竹林画像のときはまだ夏だったんです…

20189/23

【作るひと】現代イギリスを代表する陶芸家ジェニファー・リーさん  by hanako

何もないところから何かを生みだす― 「作るひと」 日々何かを“作ること”を糧としている人たち。「作る」に至ったのはなぜなのか? 「作ろう」…

【遠くに暮らす、両親のこと】告知

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

【家を買ってみたものの: London】白ヤギさんから小包来ない by Hanako

※【家を買ってみたものの: London】2015年7月にロンドンに小さなフラット(マンション)を購入。買ったはいいけど、日々事件が起こりま…

ページ上部へ戻る