© matka All rights reserved.

【家を買ってみたものの: London】キッチン(hanako in London)

※【家を買ってみたものの: London】2016年7月にロンドンに小さなフラット(マンション)を購入。買ったはいいけど、日々事件が起こりまくる…。

家ネタ、久々です。

この間、何もなかったわけではありません。

頭がツーンと痛くなりそうなほど、いろいろありました。ネタは貯まり過ぎてどこから書いたらいいのか分からない程でございます。

入居後1年半たってもまだまだ出てくるお家問題。でも「今後ますます出てくるかもよん♡」と近所に住むセンパイ(お家を買って20年)に言われ、幽霊話なみにゾクッとしました。

家関係のコト、いろいろ書きたいと思いつつもなかなかできないでいたのはUPする写真撮影に難儀していたからです。

Yokoも書いてましたが、頑張ってはいるもののなかなかカメラがうまくなりません。特に室内は難しい。ウチのバスルームとキッチンに窓がないので暗く、その辺は特に撮影が難しい。素人では、太陽光以外での撮影は難易度が高過ぎます。

これまで何度撮っても暗いために黄色く写ってしまうキッチン。これが嫌で嫌で…

このところ写真やインテリア、そしてイギリスに住んでいたらやらないわけにはいかないDIYを学ぶべく、いろんな国のツワモノたちによるブログやSNSを見ているのですが、皆さん本当に写真が上手。毎日アップしているところを見ると、たぶん自分で撮影している。ブレなんてもちろんないし、文章に合わせたテイストの写真が素晴らしい。

そしてよく見てると、暗い場所でもその暗さを活かして個性のある写真を撮影してる人もたくさんいる。

ということで…毎朝、仕事前にコーヒーを淹れる5分間で撮影し、修行してみようか、と思い立ちました。

DSC00509-01
↑エスプレッソマシーン、焼き網にのせて使用中。

時間を掛け「よい写真が取れるまでUPしない」と頑張るとたぶん続かない。でも撮影しないと向上もたぶんない。

写真に撮ればマメに掃除もするだろうし、それなりに整えておこうと努力する(ような気がする)。

なのでキッチンやリビングの写真、少しずつ撮影して行こうと思います。

ちょっと補足すると、入居したときは↓こんな感じ。

DSC_1177

記録用に撮影したテキトー写真ですみません…。壁には何もない状態でした。

壁に水ハネをよけるためのものが何もなく、このままだと壁が少しずつ腐るかかびが生えるよ~言われ、入居して数カ月後、水ハネ防止のタイルを張り、収納を増やすための棚をつけました。この作業は大工さんにお願いしました。

その後はずっとトップ画像と同じ、現在の状態。狭いのでこの角度でしか撮影できません。ああ、写真黄色くってツライわ…

でもここから足したり引いたりしながら、写真もいろいろ工夫していけるかな。しばらく定点観測してみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20188/2

【お知らせ】<REISM(リズム)>連載更新「暑いよ、ロンドン」 by Hanako

5月から連載させていただいている東京のリノベーション・デザイナーズ賃貸会社「リズム」さんのウェブマガジン<Reism Style>…

【写真交換日記173】from London 「誰も、いない」by hanako

「七草」、ステキです。木材のよい香りが漂ってきそう外観を見ているだけで、しゃっきりすっきりおいしい和食(の店か分かりませんが、そう予想)の味…

【お知らせ】Pen+「コーヒーのある暮らし」発売

ロンドンのハナコです。 6月27日に雑誌Penの別冊「Pen+(ペン・プラス)」のコーヒー本「コーヒーのある暮らし。」が発売になりまし…

【パブが好きすぎる1】 The Duke of Cambridge (ガストロパブ/Angel駅)

※イギリスの「飲みどころ」と言えば「パブ(Pub)」。ほぼ下戸の・matkaロンドンのハナコと、ビールとパブを愛しすぎている「旦那のヒト」が…

【お知らせ】<REISM(リズム)>さんサイトの連載更新  by Hanako

5月から東京のリノベーション・デザイナーズ賃貸会社「REISM(リズム)」さんのサイトで、インテリアやライフスタイルについての連載をさせてい…

ページ上部へ戻る