© matka All rights reserved.

ブルックリン

20205/15

へこんでも、へこんでも、人生は続いてる。映画『フランシス・ハ』 

「あーあ、へこむなあ」なんて出来事は大人になってもしょっちゅうですが、そんなとき、何をするのが一番気が紛れるのか? 私はなんと言って…

【今日の云々】少しの間ネットを見ずに音楽を聴いてみようかな②コーヒーBGM

ヨウコさんがこの記事をアップしたのが数日前。 コーヒーに合うアルバム3選 by Yoko ヨウコさんの一言に、ハッとしました。…

完璧な一杯より最高の一杯を。映画『珈琲哲学─恋と人生の味わい方─』

コーヒーに関する映画は意外と数があります。ドキュメンタリー映画では『おいしいコーヒーの真実』2008年、『A Film About Cof…

マカロン

20205/11

心地よくハラハラするストーリーと洗練されたコメディ。映画『グランド・ブダペスト・ホテル』

サブスクリプション最盛期、気になる映画やドラマを「マイリスト」に入れてる瞬間がささやかな楽しい瞬間です。TSUTAYAでバイトしていた大学…

サブリナ

20205/11

言葉にならない感情が込められた線。グラフィックノベル『サブリナ』

このところ、積読を解消すべく読めていなかった本をガンガン読んでいこう!とひとり息巻いているのですが、本ってそんなに「ガンガン」読めないもん…

20205/10

【podcast56】「パンデミック映画-ココ観てポイント-」

新型コロナ禍がはじまってすぐ、各種サブスクリプションはいち早く「パンデミック映画」を配信し始めましした。古今東西さまざまな「パンデミック映画」がるものだなと思いつつ、より映画を体感できることもありいくつか観てみました。ネットなどでも紹介されていると思いますがわたくしなりに「ココ観てポイント」をまとめてみました。

チャイとルマンド

【朝のコーヒー、午後のお茶】チャイと打楽器織りなす「日々のリズム」

ゴールデンウィーク明けの晴渡った東京。普段はコーヒーでガツンと目を覚ますところなのですが、最近牛乳をたくさん使いたい(学校休校によって余剰…

【朝のコーヒー、午後のお茶】『茶色の小びん』の真実

唐突ですが、この曲、ご存知でしょうか? 『茶色の小びん』アメリカ民謡(作曲:ジョセフ・イーストバーン=ウィナー)芙龍明子・日本語訳…

【絵葉書通信13】from Yoko in Tokyo

晴天の本日、東京のヨウコさんから、美しい雨の絵葉書届きました。 NYを拠点に活躍した写真家ソール・ライターの作品の絵葉書です。 …

【朝のコーヒー、午後のお茶】「ハルヴァを探して」

ヨウコさんはあまり同じ本を再読しないとのことだけど(参照:「競売ナンバー49の叫び」を再読)、私はどちらかといえば再読する派かもしれない。…

ページ上部へ戻る