© matka All rights reserved.

「IKEAのタンスに閉じこめられたサドゥーの奇想天外な旅」

20174/28

【写真交換日記146】from Tokyo「妄想読書会と積読」

またまたアップが遅くなりましてすみません。
「暮らしの手帳」以前から慣れ親しんで、hanakoさんの一部を作っていたのですね。さすがhanakoさんのお母様、センスが良いです。私の方は最近、になってようやく「暮らしの手帳」を買い始めました。多分この年になったからわかることや発見があるのだなと思っています。

イギリスの本、素敵ですね。おしゃれな装丁本が並んでいて、写真ながらぼーっとしてしまいます。本屋はどこの国に行っても行く場所ですが、言葉のわからない国であってもワクワクするのは装丁のせいでしょうか。

先日、マトカ共同企画で「妄想読書会」の第一回を開催しました(詳細はこちらからhttp://matka.sakura.ne.jp/new/archives/1168)。
このイベントは、自営業になってから本から離れ気味の私に、本への愛を思い出させるに充分な刺激のあるイベントで、早速イベントを開催していただいた古本屋「書肆スーベニア」さんから、「妄想読書会」の課題図書である、「IKEAのタンスに閉じこめられたサドゥーの奇想天外な旅」を早速購入したのでした。

と、ここまではいいとして、私はここ何年か「ザ・積読女」。気になった本や、話題の本、はたまた古典ものなどとにかく購入はしているのですが、家で仕事をしていることもあり、空からの声「本読んでる暇あったら、仕事、仕事!!」が盛んに聞こえてなかなか読書が進みません(単なる言い訳です)。「妄想読書会」に参加していただいた「読書ガールズ」の話を伺って、今回、「やっぱり本が好き!」の気持ちが高まりました。読書します!(「宣言しなくても勝手に読書しろよ」と言う声が聞こえる)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

絵葉書通信

【絵葉書通信12】from Hanako in London

EU離脱したイギリス 。ハナコさんのセレクト、皮肉が効いてますね。ロンドン在住時、TATEは私も大好きでよく行っていました。ハガキのインスタレーションは2009年のものですが、現代アートは今起こっている社会の状況や現象を皮肉めいて表現したもものも多く、アートにしかできない面白い表現だと私は思います。

【マトカのポッドキャスト45】いまさらですが映画『新聞記者』を見たので話したい

こんにちは。フローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)…

スタバとワタシ

スタバとワタシ Part3「TSUTAYAのスタバとワタシ」

カルチャー(CCC)という最強のパートナーを得たスタバは、キラキラしている。それはTSUTAYAにとってもそうだ。アプローチの方法は無限にあり、現在BOOK&CAFÉスタイルのスタバは全国に69店舗も存在する。

【今日の云々】同じ人間とは思えない:昭和の名曲「まちぶせ」に思う

ちょっと音楽ネタが続いていますが… 陽子さんはコーヒーや紅茶からさまざまなジャンルの音楽を思い浮かべているのに、私が思い出すのはなぜか歌謡…

podcast44

【podcast44】メガネの時間「ごはんのお供 動画」

今回、「ごはんのお供」といっても、佃煮とかイカの塩辛とか、そういう「お供」ではなく、ごはんを食べながら、楽しく快適に観れる動画のお話です。

ページ上部へ戻る