© matka All rights reserved.

トマト

20195/29

【写真交換日記184】from Tokyo「あるがままに」

更新遅くなってすみません。
すっかり令和フィーバーもどこへやらの日本です。この後日本は、2020年オリンピック・パラリンピックへ向けて加熱していくことでしょう。私はどうも、イベント熱みたいなものに乗れない性格で、オリンピックも、膨らみ続ける費用や東京のバリアフリー化、オリンピック後の経済のことなどは気にしこそすれ、チケットも申し込んでないんです。

先日、夏の始まりを告げるような(実際5月なのに真夏日でした)、トマトをいただきました。千葉産のトマトで、昨今の「フルーツトマト」などの甘ーいトマトとは違い、本当に美味しい酸味が味わえる「あるがままのトマト」でした。

最近、野菜に限らず、品種改良や味の向上が試みられた結果の生鮮食品や加工食品が多いのですが、なんとなく極端なものもあるように思って、「甘くない野菜」や、「コクのありすぎないラーメン」とかが恋しくなったりします。

そう考えると、いろんなものが過剰に感じられ、人も「あるがまま」な人に憧れたり…。先日アップしたポッドキャストのテーマ「イケてるおばあさんになりたい」では話せませんでしたが、樹木希林さんは「あるがまま」に生きたイケてる人なのかな。と思ったりします。

でも「あるがまま」って世の中や、人の意見に左右されないということでもあって、決して楽チンということではないよなあ。なんて、暑くてぼんやり考えたりするのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202010/26

言葉は自由の扉を拓くもの:映画『博士と狂人』を見て(ネタバレほぼなし)

日本で公開がはじまり、『荻上チキ セッション』でも特集されていた映画『博士と狂人』。イギリスでは昨年公開されたが、そ~んなに大きな話題にはならかった…という印象だ。

podcast80

【podcast80】筒美京平さんを追悼しつつ、昭和の歌についてワイワイ話す

先日、筒美京平さんがお亡くなりになりました。長い期間活躍された筒美京平さんですが、主に80年代の歌謡曲は2人にとってドンズバで、口ずさむことができる曲ばかりです。そこで、曲がかけられない私たちのpodcastでは筒美京平さん作曲の歌詞について、主に80年代のことなど、時に脱線しながらワイワイ話して見ました。

202010/24

大人だって救われたいのだ。ETV特集「敏感くんたちの夏」を見て思う事

ETV特集はほとんどの作品を見ている。特に戦争だったり人権だったりの作品はすぐに見ているが、この『敏感くんたちの夏』はちょっとほっておいた作品だった。

森

202010/19

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】10月12日(月)〜10月18日(日)

すっかり寒くなりました。寒さが苦手なので、カルチャーもほっこりするものを求めがちな今日この頃。あと、登場人物が走るシーンが多かったり、運動量が多いドラマやアニメもキモチ暖かくなる気がします。自分は1ミリも動いてないのですが…。

podcast79

【podcast79】「最近『オーラルケア』の話が楽しすぎる」について

妙齢おねいさんとして楽しく生きていきたいと思っているわたくし、フローレンスですが、最近同年代の友人が集まると、必ず「歯と歯周り」についての話題で盛り上がりまくります。

ページ上部へ戻る