© matka All rights reserved.

タグ:ドキュメンタリー作品を書き留める

202011/6

【ドキュメンタリー】ETV特集『雪冤(せつえん)~ひで子と早智子の歳月~』

「雪冤」とは、罪の無実を明らかにして、身の潔白を示すこと。この番組では犯人とされた本人が冤罪を主張している事件を取り上げているが、番組での主人公は本人ではなく、その家族である姉と妻だ。

202010/24

大人だって救われたいのだ。ETV特集「敏感くんたちの夏」を見て思う事

ETV特集はほとんどの作品を見ている。特に戦争だったり人権だったりの作品はすぐに見ているが、この『敏感くんたちの夏』はちょっとほっておいた作品だった。

20209/1

【ドキュメンタリー】私はイエメンのことを何も知らない BBC『お父さんに誘拐されて(Kidnapped By My Father)』

我が家にはテレビがない。以前テレビをもっていたときは、録画済の私好みの「暗めのドキュメンタリー」を再生し、その映像と音を子守唄代わりにして寝る…というのが習慣だった。

20207/16

【ドキュメンタリーを書き留める】キリスト者の私が見た、別の宗教:映画『A』『A2』(森達也監督)

私はキリスト教の信者なので、「宗教やってる人」と言われることがある。「やってる」っていわれると…う~ん、何かやってるってわけでもないんだけど~

【映画のはなし】ファッション学生の気持ちをくじく、超ド級のホラー映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』

この映画はポスターを見たときから心にグッときて、絶対観たい!と思っていた作品だった。 私自身が刺繍や縫物を趣味としていること…

20205/22

【ドキュメンタリーを書き留める】完全無欠の自己完結人生― 映画『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』

この作品のことは、愛読しているイギリスの新聞・オブザーバー紙(ガーディアン紙の日曜版)で知った。

【映画のはなし】バラの紅茶を飲みながら見る天国と地獄『マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年』

「ファッション映画」というジャンルがある。具体的には ファッション業界を舞台にした ドラマ(『プラダを着た悪魔』)やドキュメンタリー(『メ…

20204/18

【ドキュメンタリーを書き留める】優しくなれないワタシだけれど『ドヤ街と詩人とおっちゃんたち~釜ヶ崎芸術大学の日々~』

数週間前、知り合いのおばさまが亡くなった。たぶん60代。でも彼女の詳しい素性を私は知らない。

【podcast48】メガネの時間「永山則夫のドキュメンタリー作品2本」

マトカの2人は死刑制度に大変興味があるのですが(どちらも死刑反対派です)、今回はフローレンスが繰り返し見ている「永山則夫」についてのドキュメンタリーに2本ついて熱く語りました。

【podcast46】前髪斜めに切ってみました「『さよならテレビ』を観たので、ドキュメンタリーについて話してみる」

ドキュメンタリー映画・番組を見るのが好きなマトカ のふたり。普段から「これ観たよ」報告をしているわけですが、今回、わたくし耳が以前から気になっていたドキュメンタリー映画「さよならテレビ」 を観てきたので、ネタバレしない範囲で映画の感想報告と、「いいドキュメンタリーとは」「ドキュメンタリーの魅力とは」についてふたりで話しました。

ページ上部へ戻る