© matka All rights reserved.

塩田千春展:魂がふるえる

【写真交換日記193】from Tokyo「魂、ふるえた」

ロンドンでは美術館、博物館が入場無料のところが多くて、誰しもがアートに触れられることの豊かさを感じます。私も貧乏留学生だったロンドン滞在時、何度となく足を運び、大変お世話になりました。

東京では、無料のところは資生堂ギャラリーとか、POLA MUSEUM ANNEX とか、銀座メゾンエルメスエスパス ルイ・ヴィトン東京など、ブランドのギャラリーが興味深いアート展示をしていてたまに出かけます。

忙しい時でも、むしろ忙しいからこそ、見たい展示はなるべく行こうと思っているのですが、今回、どうしても見たくて見に行ったのが、森美術館で開催していた「塩田千春展:魂がふるえる」でした。※いつも終わり間近になって行くので紹介が遅くなってすみません。

そして、思っていた以上に素晴らしかったです。魂、ふるえました。というのも、この展示の糸で繋がれてるインスタレーションは、なぜか私が幼少期より時折脳内に現れる画像にすごく近かったからです。

想像超えるほどの絡まりあった糸が張り巡らされたインスタレーションは圧巻で、タイトルや、説明文もとても自分の中で腑に落ちるところがあり、この赤い絡まりあった空間に身を置いていると、とても落ち着く感じさえありました。

その他にも、無数の旅行鞄が吊るされて少し揺られているインスタレーションは、一人一人の人生が鞄に詰められて旅しているような感じで、端的に言うと、とても好みのインスタレーションでした。

日常にアートを見る機会を持つことは、ただ影響を受けるだけでなく、そのアートに呼応して自分から何かエッセンス(?)が滲み出ることでもあるのかなと思った次第です。ようやく秋めいてきた東京のアートなひとときでした。(更新遅くなってすみません。。。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Photo by Clay Banks on Unsplash

20209/21

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】9月14日(月)〜9月20日(日)

amazonオリジナルドラマ『The Boys ザ・ボーイズ』シーズン25話視聴。前から思ってましたが、MMが知性と冷静さと優しさを兼ね備えた人で、つくづくいいひと。ヒューイとブッチャーの関係の定着がホッとする一幕も。凶暴なお兄ちゃんと温和な弟なんだね。ホームランダーの地位の揺らぎ、そして、とうとう最悪のカップル誕生しちゃったよ。

20209/20

【今日の云々:カルチャー日記 in London】9月14日(月)〜20日(日)

今週は『レイルウェイ』のレビューを書くだけで勝手に息切れ。お恥ずかしい。今週見たものをざざっとプレイバック。

20209/20

【お知らせ】「コロナ禍で「庭付き戸建て」のブーム到来、不動産マーケットが活況に!」Pen オンライン版配信

『Pen Online(雑誌『Pen』オンライン版)』さんの【コロナと闘う世界の都市から】のコーナーで、ロンドンの情報を書かせていただいています。

【絵葉書通信17】from Yoko in Tokyo

すっかり秋になったかと思いきや、今週は突然の小春日和。「汗だく」「寝苦しい夜」カムバーックだったロンドンに、まだまだ猛暑の東京のヨウコさん…

20209/17

【映画のはなし】2つの終戦記念日、そしてバス停でおじいさんに言われたこと。映画『レイルウェイ 運命の旅路』

コロナ禍になって以来映画館に1度もいっていないが、「見るのにちょっと勢いが必要な映画」の場合、以前は配信を待たずに映画館に行ってみていた。

ページ上部へ戻る