© matka All rights reserved.

塩田千春展:魂がふるえる

201910/21

【写真交換日記193】from Tokyo「魂、ふるえた」

ロンドンでは美術館、博物館が入場無料のところが多くて、誰しもがアートに触れられることの豊かさを感じます。私も貧乏留学生だったロンドン滞在時、何度となく足を運び、大変お世話になりました。

東京では、無料のところは資生堂ギャラリーとか、POLA MUSEUM ANNEX とか、銀座メゾンエルメスエスパス ルイ・ヴィトン東京など、ブランドのギャラリーが興味深いアート展示をしていてたまに出かけます。

忙しい時でも、むしろ忙しいからこそ、見たい展示はなるべく行こうと思っているのですが、今回、どうしても見たくて見に行ったのが、森美術館で開催していた「塩田千春展:魂がふるえる」でした。※いつも終わり間近になって行くので紹介が遅くなってすみません。

そして、思っていた以上に素晴らしかったです。魂、ふるえました。というのも、この展示の糸で繋がれてるインスタレーションは、なぜか私が幼少期より時折脳内に現れる画像にすごく近かったからです。

想像超えるほどの絡まりあった糸が張り巡らされたインスタレーションは圧巻で、タイトルや、説明文もとても自分の中で腑に落ちるところがあり、この赤い絡まりあった空間に身を置いていると、とても落ち着く感じさえありました。

その他にも、無数の旅行鞄が吊るされて少し揺られているインスタレーションは、一人一人の人生が鞄に詰められて旅しているような感じで、端的に言うと、とても好みのインスタレーションでした。

日常にアートを見る機会を持つことは、ただ影響を受けるだけでなく、そのアートに呼応して自分から何かエッセンス(?)が滲み出ることでもあるのかなと思った次第です。ようやく秋めいてきた東京のアートなひとときでした。(更新遅くなってすみません。。。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【絵葉書通信11】from Yoko in Tokyo

震えるように寒い日の午後、東京のヨウコ さんから、寒色なのに暖かな風合いの葉書を受け取りました。 前回の私の「月面着陸第一歩」とつな…

スタバとワタシ Part2「海外のスタバとワタシ」

私は海外旅行の際、結構スタバを利用する。そう、「利用」する。海外でひとりで気ままにぷらぷらしていて疲れてきた時、地元のカフェの戸を開けたい気持ちは山々だが、如何せん入りづらい時もある。

20201/21

【ビスケット】M&S Viennese Rasperry Creams:ふんわりラズベリー色の憎いヤツ

イギリスで見つけた、紅茶・コーヒー・ビスケットのパッケージ。可愛いもの、洗練されたもの、何とも洒落ているものいろいろ。デザインも素敵、そし…

スタバとワタシPart1

スタバとワタシ Part1 「日本のスタバとワタシ」

「スタバ(Starbucks)を観察すると、社会が見えてくる!」との勝手な思い込みで、私のほんの少しの思い出と共に綴る6回シリーズです。お付き合いいただけたら幸いです。

【podcast41】前髪斜めに切ってみました「占いについて思うこと」

年のはじめは、いろんなサイトで2020年の占いを掲載していますよね。私は占いに狂信的ではないですが、この時期は占いの読み比べをするのが楽しいです。占いの言葉使いは独特で、著者は抽象的な内容を読者に納得できるように、いかに書くかがポイントだと思います。同じ占星術でも著者によって言葉選びが全然異なるところも興味深いですね。揶揄するわけではなく、時に真理を突く占いあれこれについて思うことろを話してみました。

ページ上部へ戻る