© matka All rights reserved.

【podcast27】前髪斜めに切ってみました「サブスクライブ、何か入ってる?」&メガネの時間「プライムに救われた」

皆様こんにちは、フローレンス22世です。

地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話す「環・地球おしゃべり」、それがマトカのpodcastです。

いまだトークは修行中の2人ですが、前回に引きつづき、今回もお互いすっぴん同士の顔を見せつつビデオ通話で録音しました。口の動きが分かるので、言葉が被らなくて済む場面も。ますます精進いたしますので、お付き合いくださると嬉しいです。

===

===

①「前髪斜めに切ってみました」(約20分)

タイトルが表すとおり、世の中や、身の回りの興味深い事柄を、毎回テーマ決めて斜め切りで話していくpodcastです。

今回のテーマは、「サブスクリプション、何か入ってる?」 です。

基本「サブスク」(←って言うんですね。初めて知りました…w)系には加入しない主義なのに最近うっかり巧みな誘導にひっかかり、Amazonプライムの「1カ月無料会員」になってしまったわたくしフローレンスと、かなりたくさん「サブスクしてます」の耳さん。対照的な2人が、サブスクについて良いこと、悪いこと、楽しいことを、王道外れまくったトークでワチャワチャ話します。

ちなみにわたくしフローレンスが、Amazonプライムで最初に見た作品は「The Children Act」というエマ・トンプソン主演のシリアスドラマ。この作品がとても良かったので、何だかAmazonプライムの印象が一気に良くなる始末。あっという間に影響される、簡単すぎるワタクシです。

残念ながら日本未公開。「エホバの証人」の信者である白血病青年が「治療拒否」の権利を求めるところからドラマが始まります。エマ・トンプソンは難しい判断を迫られる裁判官の役。

②「メガネの時間」(約20分)

マトカのお眼鏡にかなったモノ、ことを紹介しながら、暑苦しく語るコーナーです。

今回は「前髪」からの流れもよろしく、「プライムに救われた」をテーマに話しました。

家で仕事をしているのはわたくしも耳も一緒ですが、「取材に行かねばならない」都合上、わたくしの方が平日の外出率は耳さんよりやや高いようです。Amazonプライムに「救われた」と感じるいきさつと、ちょっと意外?なおすすめ作品を紹介します。

===

===

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Photo by Clay Banks on Unsplash

20209/21

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】9月14日(月)〜9月20日(日)

amazonオリジナルドラマ『The Boys ザ・ボーイズ』シーズン25話視聴。前から思ってましたが、MMが知性と冷静さと優しさを兼ね備えた人で、つくづくいいひと。ヒューイとブッチャーの関係の定着がホッとする一幕も。凶暴なお兄ちゃんと温和な弟なんだね。ホームランダーの地位の揺らぎ、そして、とうとう最悪のカップル誕生しちゃったよ。

20209/20

【今日の云々:カルチャー日記 in London】9月14日(月)〜20日(日)

今週は『レイルウェイ』のレビューを書くだけで勝手に息切れ。お恥ずかしい。今週見たものをざざっとプレイバック。

20209/20

【お知らせ】「コロナ禍で「庭付き戸建て」のブーム到来、不動産マーケットが活況に!」Pen オンライン版配信

『Pen Online(雑誌『Pen』オンライン版)』さんの【コロナと闘う世界の都市から】のコーナーで、ロンドンの情報を書かせていただいています。

【絵葉書通信17】from Yoko in Tokyo

すっかり秋になったかと思いきや、今週は突然の小春日和。「汗だく」「寝苦しい夜」カムバーックだったロンドンに、まだまだ猛暑の東京のヨウコさん…

20209/17

【映画のはなし】2つの終戦記念日、そしてバス停でおじいさんに言われたこと。映画『レイルウェイ 運命の旅路』

コロナ禍になって以来映画館に1度もいっていないが、「見るのにちょっと勢いが必要な映画」の場合、以前は配信を待たずに映画館に行ってみていた。

ページ上部へ戻る