© matka All rights reserved.

川崎大師

201611/21

【写真交換日記130】from Tokyo「深まる秋とお茶会と」

ジョージアのお友達と連絡とれてよかったですね!!お子様3人ですか、、それは時の流れを感じますね。
「ブルーウィロー」のお皿、とっても素敵です。そして安いのも魅力的!!実は貰い物で、私はこの柄を勝手に転写したと思われるマグカップを持っております。
それはそうと、教会でのアフタヌーンティーは、厳かながらあたたかで趣のありそうなイメージです。

お茶つながりで、昨日は友人のお誘いで川崎大師でのお茶会に参加してきました。
お茶会は2回目できちんとした手順がよくわからない中でしたが、やや緊張しながらも濃茶と薄茶を美味しく頂戴いたしました。
参加される方が多く、8畳ほどの茶室にぎゅっと20人ほどが正座して向かい合うということ自体が、非現実的で、また、お着物をお召しのご婦人方、
茶器や掛け軸や茶花、といった目に入るものに感心しきりでした。私にとってはまだまだ敷居の高いお茶会ですが、また機会があれば参加したいです。
それにしても茶菓子が美味しい。。。(結局それか!)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202011/29

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月28日:「まだ来てないけど…」

ワタクシ大変神経質なたちでして、いままで「ほこりの舞」やら「ちょっとしたチリ」が気になって気になって大変でした。

podcast85

【podcast85】過去の炎上広告から考えるジェンダー

最近、世の中のジェンダー平等への意識の高まりを感じつつ、ジェンダーギャップについて考えることが多い今日この頃です。本来であれば、新しい価値観を提案して欲しい広告ですが、いまだにどうしても旧来の「男らしさ」「女らしさ」を求める広告や、性別役割分業を想起させるステレオタイプ的な広告も多く、結果炎上→謝罪…。そんなことから、ジェンダーについて、あれこれ話してみました。

202011/28

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2020年11月23日~更新中「三島由紀夫、英ドラマ『Life』、ISからの帰還etc」

この番組、放送前から楽しみにしていました。いままでとは違う角度からの三島論だったのでその点では興味深かったものの、内容的には不満足。

202011/25

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月25日:腸活とスパイスとお腹問題

わたしはお腹問題をずーっと抱えて生きてきました。赤ちゃんの頃からです。腸が平均よりもずーっと長く&細いため、うまく動かない。

【podcast84】「選択的夫婦別姓」について話す

11月17日にこのニュースを知り…わたくし、本気でギョーテンしてしまいました!「宇宙レベルのびっくりだわあ…」と本当に驚いたのです。

ページ上部へ戻る