© matka All rights reserved.

【podcast31】宇宙事件簿「気づけば、雑誌『ムー』40年を生き抜く」

豊里耳(とよさと みみ)です。

地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話す「環・地球おしゃべり」、それがマトカのpodcastです。

駅前の書店で、平置きにされている雑誌にふと目をやると、それは、創刊40周年記念の『ムー』でした。出版不況になって久しいけれど、よく40年を生き抜いたなあ。と感慨深く思い、そして『ムー』的なものは興味があった(ある)のですが、購入したことがなかったので、少しドキドキしながら雑誌を手にし、レジに持って行ったのでした。

『ムー』の創刊号は”ノストラダムスの大予言”で始まったとのことですが、幼少期に”ノストラダムスの大予言”に大きく影響されたフローレンスさん。『ムー』の過去特集を見ながら、私たちの過去も振り返りました。

===

===

初めて購入の雑誌『ムー』。「ロズウェル事件」、ネタは昔からあまり変わってないのかな…。

フローレンスさんは「ムー」と言ったらこのドラマを思い出すとのこと。わたくしミミは見たことがないのですが、面白そう!

なんだかんだと、人々の興味をひいて止まない「不思議なよくわからないこと」。とはいえ、怖いことは現実にならないよう祈ります!聞いていただけましたら嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【絵葉書通信11】from Yoko in Tokyo

震えるように寒い日の午後、東京のヨウコ さんから、寒色なのに暖かな風合いの葉書を受け取りました。 前回の私の「月面着陸第一歩」とつな…

スタバとワタシ Part2「海外のスタバとワタシ」

私は海外旅行の際、結構スタバを利用する。そう、「利用」する。海外でひとりで気ままにぷらぷらしていて疲れてきた時、地元のカフェの戸を開けたい気持ちは山々だが、如何せん入りづらい時もある。

20201/21

【ビスケット】M&S Viennese Rasperry Creams:ふんわりラズベリー色の憎いヤツ

イギリスで見つけた、紅茶・コーヒー・ビスケットのパッケージ。可愛いもの、洗練されたもの、何とも洒落ているものいろいろ。デザインも素敵、そし…

スタバとワタシPart1

スタバとワタシ Part1 「日本のスタバとワタシ」

「スタバ(Starbucks)を観察すると、社会が見えてくる!」との勝手な思い込みで、私のほんの少しの思い出と共に綴る6回シリーズです。お付き合いいただけたら幸いです。

【podcast41】前髪斜めに切ってみました「占いについて思うこと」

年のはじめは、いろんなサイトで2020年の占いを掲載していますよね。私は占いに狂信的ではないですが、この時期は占いの読み比べをするのが楽しいです。占いの言葉使いは独特で、著者は抽象的な内容を読者に納得できるように、いかに書くかがポイントだと思います。同じ占星術でも著者によって言葉選びが全然異なるところも興味深いですね。揶揄するわけではなく、時に真理を突く占いあれこれについて思うことろを話してみました。

ページ上部へ戻る