© matka All rights reserved.

【絵葉書通信9】from Yoko in Tokyo

「芸術の秋」たけなわ?の日本のヨウコさんから、素敵な絵葉書届きました。

※イギリスには「芸術の秋」「実りの秋」的言葉がないのですヨ。

ディズニーの顧問アーティスト&イラストレーターとして活躍したメアリ・ブレアの「イッツ・ア・スモール・ワールド」のイラストです。

メアリー・ブレアのこと、ワタクシは全然知らなかったのでググったところ、詳細かつ分かりやすく書いてくれている記事がありました。

デザインブログ「BIRD YARD」さんの記事はコチラから。

私もネズミの国には興味がないものの、初期のネズミさんのアニメは楽しいなあと思ったりしてます。

そしてこの絵葉書を見て&読んで、 20歳ぐらいのときに 「ネズミの国」に行き(多分そのときが3回目ぐらいのネズミの国訪問)「イッツ・ア・スモール・ワールド」のアトラクションに入った時のことを思い出しました。

可愛らしく賑やかな世界が繰り広げられる中、結構感慨にふけり、1人のっぺらぼうな顔(←多分…自分じゃみえないけど)をしてトロッコに揺られた暗めの女子でした。

「みんな それぞれ 助け合う 小さな世界」♪

「世界はせまい 世界は同じ」

当時今ほどではなかったものの、まあまあ世間に対して斜め目線なりつつあった頃で、

「世の中、全く不平等だよね(ぷんすか)」

と日々思っていた生半可学生だったワタクシ。

こんな風に真正面から愛と平和と平等を語られると、何だか泣きたいような、もやっとしたおうな、「でも理想ぐらいは美しくってもいいんじゃないのかな」と思ったりで、まあまあ考えちゃったのでした。

(前のトロッコでキャッキャとしていたカップルのことを、チョイとうらやましそうに眺めたりもしたけどねw 平和で幸せな光景…)

そんなことを思い出しつつ読んだ、ヨウコさんのお手紙。そしてメアリー・ブレアの人生。

ヨウコさんが書いてくれた内容と全く違く手恐縮なんですが(;^_^A、改めて

「理想は高く、美しく、暑苦しくていいよね!」

と絵葉書握りしめて思いました。

彼女のイラスト、本当に素敵です。絵本、買ってみようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast75

【podcast75】長谷川町子さんの作品について語る

今回は、フローレンスが子供のときから愛してやまない長谷川町子さんの作品について語りました。

Photo by Clay Banks on Unsplash

20209/21

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】9月14日(月)〜9月20日(日)

amazonオリジナルドラマ『The Boys ザ・ボーイズ』シーズン25話視聴。前から思ってましたが、MMが知性と冷静さと優しさを兼ね備えた人で、つくづくいいひと。ヒューイとブッチャーの関係の定着がホッとする一幕も。凶暴なお兄ちゃんと温和な弟なんだね。ホームランダーの地位の揺らぎ、そして、とうとう最悪のカップル誕生しちゃったよ。

20209/20

【今日の云々:カルチャー日記 in London】9月14日(月)〜20日(日)

今週は『レイルウェイ』のレビューを書くだけで勝手に息切れ。お恥ずかしい。今週見たものをざざっとプレイバック。

20209/20

【お知らせ】「コロナ禍で「庭付き戸建て」のブーム到来、不動産マーケットが活況に!」Pen オンライン版配信

『Pen Online(雑誌『Pen』オンライン版)』さんの【コロナと闘う世界の都市から】のコーナーで、ロンドンの情報を書かせていただいています。

【絵葉書通信17】from Yoko in Tokyo

すっかり秋になったかと思いきや、今週は突然の小春日和。「汗だく」「寝苦しい夜」カムバーックだったロンドンに、まだまだ猛暑の東京のヨウコさん…

ページ上部へ戻る