© matka All rights reserved.

【絵葉書通信9】from Yoko in Tokyo

「芸術の秋」たけなわ?の日本のヨウコさんから、素敵な絵葉書届きました。

※イギリスには「芸術の秋」「実りの秋」的言葉がないのですヨ。

ディズニーの顧問アーティスト&イラストレーターとして活躍したメアリ・ブレアの「イッツ・ア・スモール・ワールド」のイラストです。

メアリー・ブレアのこと、ワタクシは全然知らなかったのでググったところ、詳細かつ分かりやすく書いてくれている記事がありました。

デザインブログ「BIRD YARD」さんの記事はコチラから。

私もネズミの国には興味がないものの、初期のネズミさんのアニメは楽しいなあと思ったりしてます。

そしてこの絵葉書を見て&読んで、 20歳ぐらいのときに 「ネズミの国」に行き(多分そのときが3回目ぐらいのネズミの国訪問)「イッツ・ア・スモール・ワールド」のアトラクションに入った時のことを思い出しました。

可愛らしく賑やかな世界が繰り広げられる中、結構感慨にふけり、1人のっぺらぼうな顔(←多分…自分じゃみえないけど)をしてトロッコに揺られた暗めの女子でした。

「みんな それぞれ 助け合う 小さな世界」♪

「世界はせまい 世界は同じ」

当時今ほどではなかったものの、まあまあ世間に対して斜め目線なりつつあった頃で、

「世の中、全く不平等だよね(ぷんすか)」

と日々思っていた生半可学生だったワタクシ。

こんな風に真正面から愛と平和と平等を語られると、何だか泣きたいような、もやっとしたおうな、「でも理想ぐらいは美しくってもいいんじゃないのかな」と思ったりで、まあまあ考えちゃったのでした。

(前のトロッコでキャッキャとしていたカップルのことを、チョイとうらやましそうに眺めたりもしたけどねw 平和で幸せな光景…)

そんなことを思い出しつつ読んだ、ヨウコさんのお手紙。そしてメアリー・ブレアの人生。

ヨウコさんが書いてくれた内容と全く違く手恐縮なんですが(;^_^A、改めて

「理想は高く、美しく、暑苦しくていいよね!」

と絵葉書握りしめて思いました。

彼女のイラスト、本当に素敵です。絵本、買ってみようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

川

202012/2

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】11月16日(月)〜11月29日(日)異世界で現実逃避、かたやドキュメンタリーに打ちのめされる

毎年のことですが、もう12月。今年は朝ドラや大河ドラマが中断したり、映画も公開延期になったりして(007の新作を早く観たい!)、カルチャーも様々変更を余儀なくされた年でした。そんな中でもアニメ映画もテレビも比較的コロナ禍でも強いコンテンツかもしれないですね。

202011/29

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月28日:「まだ来てないけど…」

ワタクシ大変神経質なたちでして、いままで「ほこりの舞」やら「ちょっとしたチリ」が気になって気になって大変でした。

podcast85

【podcast85】過去の炎上広告から考えるジェンダー

最近、世の中のジェンダー平等への意識の高まりを感じつつ、ジェンダーギャップについて考えることが多い今日この頃です。本来であれば、新しい価値観を提案して欲しい広告ですが、いまだにどうしても旧来の「男らしさ」「女らしさ」を求める広告や、性別役割分業を想起させるステレオタイプ的な広告も多く、結果炎上→謝罪…。そんなことから、ジェンダーについて、あれこれ話してみました。

202011/28

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2020年11月23日~29日「三島由紀夫、英ドラマ『Life』、ISからの帰還、『テロルの決算』」

この番組、放送前から楽しみにしていました。いままでとは違う角度からの三島論だったのでその点では興味深かったものの、内容的には不満足。

202011/25

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月25日:腸活とスパイスとお腹問題

わたしはお腹問題をずーっと抱えて生きてきました。赤ちゃんの頃からです。腸が平均よりもずーっと長く&細いため、うまく動かない。

ページ上部へ戻る