© matka All rights reserved.

【イギリス風刺漫画を読んでみる】寒い日は犬とぬくぬく

イギリスの風刺漫画をコツコツ読み解きます。

このところ寒い日が続くロンドン。

そんな中、『Punch Cartoons … and more』のツイにこんな漫画がアップされた。1956年にパンチ誌に掲載された、ジョージ・スプロードによる作品だ。

「今日は冷えますので、多めに犬を用意しておきましたよ」

皮肉と風刺が混じって読み解くのが難しい『パンチ誌』の風刺漫画としては最高にシンプル!な一コマだ。

B&Bまたは小さなホテルとおぼしきホテルが舞台。スタッフ(または女将さん)が、部屋に女性を案内しての一言が描かれている。

ぎょっとした客の女性の表情がポイントだが、でもそんなに嫌がっている様子もないないので、この方も犬好きって設定なのかしらん?

===

犬ってとっても温かい。犬を連れているホームレスの人をよく見かける。それは「犬は忠実な友」であることに加え、温かい動物なので一緒にいることで暖を取れるから。

イギリス人は犬好き(猫好きでもあるけれど)。犬を連れて散歩してる人によく出くわすけれど、そういえば野良犬ってまったく見たことがない。動物の殺処分を考えると涙が出る犬好き(でも猫も好き)なワタクシ。可愛い犬が幸せそうに散歩している姿はいつみても癒される。

===

この漫画を描いたジョージ・スプロード(George Sprod)は1919年9月16日オーストラリア・アデレード生まれのオーストラリア人。第二次世界大戦中は出征し、日本軍の捕虜となり、タイとミャンマーを結ぶ泰緬鉄道の建設に従事させられた。

帰還後シドニーで自分の経験を漫画にするようになった。1949年にイギリス・ロンドンに移住。その後はロンドンを拠点に『パンチ誌』や『ニュース・クロニクル』等で活躍。2003年に死去。作品版権は甥が受け継いだとのこと。

===

痛烈な皮肉や社会世相を反映しすぎて、私のようなガイジンには分かりづらい風刺漫画。しかし『パンチ誌』を見る限り、スプロードの漫画はよくある光景を「フフッ」とほほ笑む程度に柔らかく仕上げた作品が多い印象だ。

1959年1月1日号の『パンチ誌』の表紙。

クリスマスが終わり、ツリーや飾りが無残に捨てられている街並みのイラスト。でもゴミ箱の中のツリーは賑やかでとても可愛い。

犬も紐を引っ張って何だか楽しそう。こんな風に細部がコチャコチャ描かれている作品は、漫画&イラスト好きというだけでなく、ミニチュア好きの私の心をガッツリつかむ。

===

今日も寒い。犬がいたら身も心も暖かいのだろうなあ。いつか飼いたいな、犬(今は庭のない小さなマンション暮らしなので、ペットは飼えず)。

そんなことも思った一コマだった。ワンワン。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast168】おすすめ映画『沖縄スパイ戦史』

毎年、この時期になると自分への課題として意識的に戦争関連の作品を見たり読んだりするようにしています。普段から見ればいいのですけど、なかなか覚悟がいる作品も多くて…。とウォッチリストに入っていて、先日ようやく観た作品が映画『沖縄スパイ戦史』です。その見どころについてあれこれ話してみました。

【podcast167】宗教2世について考える

今回は現在話題になっている「宗教2世」について耳さんと話しました。「宗教2世」はカルトだけではなく、伝統宗教にもたくさんいます。フローレンスはこの10数年クリスチャンですが、自分で洗礼を受ける決断をしたので宗教2世ではありません。でも、周りに宗教2世はたくさんいます。

podcast166

【podcast166】2022年上半期TVニュースランキングについて話してみる

人の話を聞いていて、「ん?」それってどうなの?それは違くないか?と思うことはないですか?人の話だけでなく、日常には「ん?」という違和感がたくさん存在しているように思います。その人(こと)は特に何の悪気もなければ、何ならいいことを言っているていなので流してしまいがちなことも、「違和感」は拭えなく…そんな日常の「違和感」のお話です。

【Podcast165】猛暑40度→今日は23度。地球がおかしい… in London

今回のポッドキャストを録音したのは7月22日(金)でしたが、7月18日(月)と19日(火)はロンドンな~んと40度!まで上がりました。

【Podcast164】「無知の罪」―「知らないで済ます」が社会を壊す?(偉そうでごめんなさい。でもモヤってます)

こんにちは。フローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)…

ページ上部へ戻る