© matka All rights reserved.

ピーター・ドイグ

【写真交換日記221】from Tokyo「心地よいところをついてくる絵」

更新遅くなってすみません。36度を超える祝日、マスクも汗だくにな猛暑日の中、ものすごく久しぶりに美術館に行って来ました。その美術館は東京国立近代美術館。「ピーター・ドイグ展」目当てでした。ピーター・ドイグについて私はあまり知らなかったのですが、イギリスで活躍する現代アーティストの彼に関してはハナコさんはよく知ってるかもしれないですね。

コロナ禍の開催と言うことで、時間予約でチケットをあらかじめ購入して訪れると、まばらではありますが、それなりにお客さんも入り関心の高さをうかがえました。外気とは対照的にひんやりとした館内はおしゃべりも禁止で、しんとした空間でピーター・ドイグの大型の絵画の数々がより際立っているように思いました。

作品はどれも色彩の組み合わせが新鮮でありながら穏やかな印象で、私は心地よいところをつかれている感覚でした。

上の絵は「なんだか日本っぽい感じだな」と思ったら、小津安二郎の映画「東京物語」を念頭において描かれた作品だとか。下の絵は何か夢の中の1シーンのように不思議なそれでいて落ち着く絵のように感じます。

また、ピーター・ドイグが自身で映画の上映会を開いていた際、映画の宣伝用に描いた絵がずらっと並んでいて、どれも時間をかけずにささっと描いたような絵なのですが、それらが最高にセンスいいのには感服です。

混んでない涼しーい美術館、ピーター・ドイグの世界に浸る時間、夏を少しだけ楽しめた気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast245】イギリスの大掃除の季節は「春」その理由とは?

地球の反対側に暮らす イギリス在住の「フローレンス22世」と日本在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話…

podcast244

【podcast244】NHK大河ドラマ「光る君へ」と連続テレビ小説「虎に翼」、2人の女性がどう活躍していくかに期待

平安時代の紫式部が主人公の大河ドラマ「光る君へ」と女性初の弁護士となった三淵嘉子さんがモデルの連続テレビ小説「虎に翼」、時代は違えどどちらも女性が男性社会で活躍するドラマという点で共通しているかと思います。

【podcast243】半分失業。そこから始めた実験について。

地球の反対側に暮らす イギリス在住の「フローレンス22世」と日本在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話…

20244/2

【おいしいもの in London】最高のブリティッシュ・ビーフパイ- Canton Arms, Stockwell, London

ガストロパブとは、「食事もできるパブ」のことです。ロンドンのおいしいガストロパブは東と北に集中しがちですが、ここは中心部からやや南。南の地域でもっとも有名なガストロパブです。

podcast242

【podcast242】おすすめ映画映画『デューン 砂の惑星PART2』レビュー

普段は映画館で飲み物を飲まない私ですが、この映画を観る前には「なんか喉渇きそう」と思って思わずコーラを買ってしまいました。結果正解。壮大な砂漠シーンが目の前に広がり、没入体験を存分に味わえるこの映画は飲み物必須でした。PART1も含めてあれこれ話してみました。

ページ上部へ戻る