© matka All rights reserved.

ピーター・ドイグ

【写真交換日記221】from Tokyo「心地よいところをついてくる絵」

更新遅くなってすみません。36度を超える祝日、マスクも汗だくにな猛暑日の中、ものすごく久しぶりに美術館に行って来ました。その美術館は東京国立近代美術館。「ピーター・ドイグ展」目当てでした。ピーター・ドイグについて私はあまり知らなかったのですが、イギリスで活躍する現代アーティストの彼に関してはハナコさんはよく知ってるかもしれないですね。

コロナ禍の開催と言うことで、時間予約でチケットをあらかじめ購入して訪れると、まばらではありますが、それなりにお客さんも入り関心の高さをうかがえました。外気とは対照的にひんやりとした館内はおしゃべりも禁止で、しんとした空間でピーター・ドイグの大型の絵画の数々がより際立っているように思いました。

作品はどれも色彩の組み合わせが新鮮でありながら穏やかな印象で、私は心地よいところをつかれている感覚でした。

上の絵は「なんだか日本っぽい感じだな」と思ったら、小津安二郎の映画「東京物語」を念頭において描かれた作品だとか。下の絵は何か夢の中の1シーンのように不思議なそれでいて落ち着く絵のように感じます。

また、ピーター・ドイグが自身で映画の上映会を開いていた際、映画の宣伝用に描いた絵がずらっと並んでいて、どれも時間をかけずにささっと描いたような絵なのですが、それらが最高にセンスいいのには感服です。

混んでない涼しーい美術館、ピーター・ドイグの世界に浸る時間、夏を少しだけ楽しめた気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20211/20

【写真交換日記232】from London「年末年始ふりかえり」

この間クリスマスがやってきて、つい先日大晦日になり、そして一昨日ぐらいにお正月だったはずなのですが、恐ろしいことにもう1月も後半。このまま…

【podcast91】イギリス発・最近視聴したおススメ2本(ドキュメンタリー&ドラマ)『The Mole: Infiltrating North Korea(モグラ:北朝鮮への潜入取材)』『ザ・サーペント(毒蛇)』

こんにちは。ロンドン在住のフローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(と…

20211/16

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2021年1月11~14日:罪悪感なし人生ってどんなだろ?BBCドラマ『The Serpent(毒蛇)』、TBSラジオ『セッション』(成人の日・新聞社説読み比べ)にブヒブヒ笑う

シリアルキラー、シャルル・ソブラジについてこのドラマを見るまで全く知らなかったのですが、オサレな作りが目に楽しく、ソブラジの手軽に殺人していく奇妙さに眉を顰めつつで最後まで興味深く見切りました。

20211/15

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2021年1月15日(金):「断らなくてもいいのに」

夫のヒトは昨年3月から1度も出社せず在宅勤務。別の部屋で仕事をしているので、夜仕事が終わるまではあまり顔も合わせません。

タイプライター

20211/14

コロナ禍だからこそのヒット要因?アニメ映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』と『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の斜め評(ネタバレなし)

コロナ禍の年末の映画館、2作品とも公開からだいぶ経っているというのに、密を避ける1席空けではなくなった劇場の席はほぼ満席に近い状況だった。…

ページ上部へ戻る