© matka All rights reserved.

東京駅

201812/31

【写真交換日記178】from Tokyo「良いお年を」

30年前のご家族のクリスマス、素敵な思い出ですね。
お父様には何度かお会いして、お世話になり、楽しい時間を過ごさせていただきました。感謝と共に改めて安らかな眠りをお祈り申し上げます。

日本はクリスマスが過ぎて、お正月モードに早がわり。このスピード感、日本ならではです。昨日用事があって出かけましたが、銀座は人もまばらでびっくりするほどですが、東京駅はなるほど帰省をする人たちで溢れていました。手に手に「東京バナナ限定版」や、「築地の卵焼き」などの袋とスーツケースを持って先を急ぐ人たちの風景を見ると、なんとなく幸せな気持ちになります。「帰るところがある幸せ(待っている人がいる幸せ)」っていうのは人が持つ根源的な幸せなんだろうな。と思うのです。「男はつらいよ」寅さんの気持ち。

この1年、それぞれの人にいろんなつらいことがあっても、次の年が良い年になりますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast125】「在外選挙制度」について話す

マトカの2人は選挙に欠かさず行っていますが、ロンドンに暮らすわたくし、フローレンスは「在外選挙制度」という方法で選挙しています。そこで今回は、「在外選挙制度って何?」について話しました。

【絵葉書通信21】from Yoko in Tokyo

東京で行われていた某スポーツ大会(後半)の最中に書いた陽子さんからのハガキが、このスポーツ大会を1秒も見なかったロンドンのわたくしの元に届…

podcast124

【podcast124】『狐狼の血』『狐狼の血 Level2』を観たので..エンタメの中のバイオレンス表現について話してみる

映画やドラマ、漫画や小説内で描かれるバイオレンス表現。先日映画『狐狼の血』『狐狼の血 Level2』を視聴して、改めて自分の中でどんなバイオレンス表現は平気で、思わず目をつぶってしまうような苦手な表現はなんだろう。などと考えたりしていくうちに、そもそもエンタメ内のバイオレンスはなんのために描かれるのか?について思いを巡らしてみたので、フローレンスさんとあれこれ話してみました。

『狐狼の血 Level2』

20219/13

東映映画『狐狼の血』『狐狼の血 Level2』一気見感想(ネタバレなし)

「カチコミじゃー!」怒号が飛び交うヤクザ映画。「カチコミ」とはヤクザが敵対組織に襲撃することであるが、単にスクリーン内のことではない。『狐狼の血』『狐狼の血 Level2』の映画(の制作)自体がすっかり「牙」を抜かれた日本映画界への「カチコミ」なのである。

podcast123

【podcast123】皇室プリンセス結婚報道について「あーだこーだ」楽しく話す

こんにちは。ロンドン在住のフローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(と…

ページ上部へ戻る