© matka All rights reserved.

201812/14

【写真交換日記177】from London「旅行者だったときのクリスマス」

暫く更新できずにごめんなさい。

ご存知のとおり、父のことで2カ月日本にいてバタバタな日々でした。父が11月9日に天国に旅立ち、いろいろを終えて11月末にロンドンに戻りました。

気持ち的にはまだまだ全然悲しくて、毎朝毎晩「こんなに悲しいものなのか」と新しい悲しみとして思います。でも本当に壮絶な入院生活だったので、天国に行って楽になったんだから…と思いなおす日々です。

ロンドンに戻ってしばらくは生暖かい気候が続き全然冬らしくなかったんですが、ここ数日でガンと寒くなりました。街に本物のモミの木を売るツリー屋さんが出ていますが、その光景を見ると「ああ、クリスマスだな」と思います。

ロンドンで初めてクリスマスを過ごしたのは大昔、家族旅行で来た時でした。書くのも辛いですが(笑)30年ぐらい前のことです。

その後両親はイギリスに2度来ていますが、私が住んでからは来るチャンスがありませんでした。母は飛行機が大嫌いなので仕事を引退後は「もう2度と飛行機に乗りたくない」と言っていましたが、父はもう1度イギリスにも来て「街並みをみたい」とよく言っていました。

この数年は両親の病気と寄り添う日々で、何度も何度も帰国しました。後悔しないよう、両親のためというより「私のため」にできることは頑張ろうと思って父と接してきましたが、それでもいろいろ後悔が残ります。父をもう1度ヨーロッパに連れ来たかったのにできなかったことが今本当に悔やまれます。

ロンドンで家族4人で過ごした約30年前、何を思ったのか夜中にウェストミンスター寺院のクリスマス礼拝に行くことにしたのです。門があくまでものすごく寒く、当時はクリスチャンではなかったので「聖餐式(せいさんしき。最後の晩餐を思って、パンと葡萄酒を食べる儀式)」が始まっても何をしたらいいのか分からず4人でおどおどしてしまいました。礼拝が終わった後歩いてホテルに戻ったのですが、ロンドンのイルミネーションが案外地味でちょっと拍子抜けしたのを覚えています。

今思うとすべてが懐かしいです。これから毎年クリスマスになると、あの旅行者としてちょこっと過ごしたロンドンのクリスマスを思い出すのでしょう。

そういうことも含め、すべて天国で分かってみててくれるといいな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast125】「在外選挙制度」について話す

マトカの2人は選挙に欠かさず行っていますが、ロンドンに暮らすわたくし、フローレンスは「在外選挙制度」という方法で選挙しています。そこで今回は、「在外選挙制度って何?」について話しました。

【絵葉書通信21】from Yoko in Tokyo

東京で行われていた某スポーツ大会(後半)の最中に書いた陽子さんからのハガキが、このスポーツ大会を1秒も見なかったロンドンのわたくしの元に届…

podcast124

【podcast124】『狐狼の血』『狐狼の血 Level2』を観たので..エンタメの中のバイオレンス表現について話してみる

映画やドラマ、漫画や小説内で描かれるバイオレンス表現。先日映画『狐狼の血』『狐狼の血 Level2』を視聴して、改めて自分の中でどんなバイオレンス表現は平気で、思わず目をつぶってしまうような苦手な表現はなんだろう。などと考えたりしていくうちに、そもそもエンタメ内のバイオレンスはなんのために描かれるのか?について思いを巡らしてみたので、フローレンスさんとあれこれ話してみました。

『狐狼の血 Level2』

20219/13

東映映画『狐狼の血』『狐狼の血 Level2』一気見感想(ネタバレなし)

「カチコミじゃー!」怒号が飛び交うヤクザ映画。「カチコミ」とはヤクザが敵対組織に襲撃することであるが、単にスクリーン内のことではない。『狐狼の血』『狐狼の血 Level2』の映画(の制作)自体がすっかり「牙」を抜かれた日本映画界への「カチコミ」なのである。

podcast123

【podcast123】皇室プリンセス結婚報道について「あーだこーだ」楽しく話す

こんにちは。ロンドン在住のフローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(と…

ページ上部へ戻る