© matka All rights reserved.

絵葉書通信10

【絵葉書通信10】from Hanako in London

今日大晦日に、イギリスで年を越すハナコさんからの素敵なハガキを受け取りました。

アポロ月面着陸の第一歩の絵葉書。50周年の記念とのことで、50年前に月に行ったということの凄さを改めて感じます。

絵葉書通信10
絵葉書通信10

まあまあ中年になってくると、第一歩は結構怖かったりもします。でもハナコさんは踏み出す原動力を持ち合わせてる人だなと思います。
私は結構腰が重い…。ただ、大晦日に思うのは、「来年は月面着陸くらい軽やかに第一歩を出したい」ということです。

もちろん無重力の月とは違いますが、というか、地球には単なる磁力の重力とは違う社会的な重力とか、立場的な重力とか、年齢的な重力とか、様々な「重力」があるけれど、それを軽やかにかわして歩いて行きたいなあと思うのです。ハナコさんの言う、希望をお供に。

年末にありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【絵葉書通信11】from Yoko in Tokyo

震えるように寒い日の午後、東京のヨウコ さんから、寒色なのに暖かな風合いの葉書を受け取りました。 前回の私の「月面着陸第一歩」とつな…

スタバとワタシ Part2「海外のスタバとワタシ」

私は海外旅行の際、結構スタバを利用する。そう、「利用」する。海外でひとりで気ままにぷらぷらしていて疲れてきた時、地元のカフェの戸を開けたい気持ちは山々だが、如何せん入りづらい時もある。

20201/21

【ビスケット】M&S Viennese Rasperry Creams:ふんわりラズベリー色の憎いヤツ

イギリスで見つけた、紅茶・コーヒー・ビスケットのパッケージ。可愛いもの、洗練されたもの、何とも洒落ているものいろいろ。デザインも素敵、そし…

スタバとワタシPart1

スタバとワタシ Part1 「日本のスタバとワタシ」

「スタバ(Starbucks)を観察すると、社会が見えてくる!」との勝手な思い込みで、私のほんの少しの思い出と共に綴る6回シリーズです。お付き合いいただけたら幸いです。

【podcast41】前髪斜めに切ってみました「占いについて思うこと」

年のはじめは、いろんなサイトで2020年の占いを掲載していますよね。私は占いに狂信的ではないですが、この時期は占いの読み比べをするのが楽しいです。占いの言葉使いは独特で、著者は抽象的な内容を読者に納得できるように、いかに書くかがポイントだと思います。同じ占星術でも著者によって言葉選びが全然異なるところも興味深いですね。揶揄するわけではなく、時に真理を突く占いあれこれについて思うことろを話してみました。

ページ上部へ戻る