© matka All rights reserved.

【podcast38】前髪斜めに切ってみました「2019年まるっとオススメ5」

こんにちは。ロンドン在住のフローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話す「環・地球おしゃべり」、それがマトカのpodcastです。 前回から短めでお届けしているマトカのポッドキャスト。今回は2019年最後の1本。私フローレンスの「2019年丸っとおすすめ5つ」を10分ぐらいでまとめるはずが、あれよあれよで26分。力入りすぎ、ちょっと長くてごめんなさいです。

耳さんの「下半期おススメ5」に続いて…だったので「フローレンスの下半期おススメ5」のはずが、すみません、2019年丸っとのおすすめとなっております。

耳さんはエコグッズ多めのおすすめでしたが、私は寄る年波を何とかサーフィンのように超えていこう~と、健康に留意した1年を反映するおススメになっております。

おススメその①「エアなわとび」
文字通り、縄を使わないで「縄跳び富んだフリ」をする「エア縄跳び」。これが…いいんですよ、ほんとに。

おススメその②「月曜断食」
漫画家伊藤理佐さんの「月曜断食」漫画をSNSで見たのがきっかけ。

夏前にやや太ったかも??の「かも」が確信に変わったとき、「人生最後のダイエットにしよう」と決意。月曜断食をはじめました。思ったほどつらくないので(多少自己流入ってます)、まだ続けております。

おススメその③:「人生の踏絵」遠藤周作著
今年は人生でもっとも本を読まなかった年でした。物書きを生業にしているというのに、何ということでしょう(恥)。来年はもっと読書に精出す時間がほしいです。

そんなダメ読書1年の中でも心に残った1冊がコチラでした。キリスト者作家であった故・遠藤周作の講演集です。暮らしの中に生きる神についていつも考えているのですが、神の存在をより身近なものとして考えることができるヒントをくれました。

おススメその④:英ドラマ「フリーバッグ」

今年は割とドラマを見た年だったのですが(すべてはジムで走るときの“お供”のため)、ナンバー1はコチラ。破天荒な次女とちゃんとしすぎた長女、へんちくりんな継母のコントラストに加え、シーズン2ではホットな神父も登場(笑)。シーズン1も2も好きですが、2の方がワタクシ的にはズキュン♡と来たかな。

…と↑こんな風に書いてるだけで、「ズキュン」と来たシーンをアレコレ思い出し、すごいドラマだと改めて思うのでした。

おススメその⑤:ETV特集「アフガニスタン 命の水」

先日アフガニスタンで銃弾に倒れた中村哲氏の活動を描いたドキュメンタリー。ETV特集は心動かされる作品が多いのですが、この作品には特に大きな感銘を受けました。中村氏の「現地の人に寄り添う」生き様を忘れないでいたいと思います。

===

今年始めたポッドキャスト。38まできましたが、これからも改良を重ね、もっと聞いていただけるものにしていきたいと思います。

来年もどうぞよろしくお願いいたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast237】旧正月のパーティに初参加して思ったこと in London

2月10日は春節(旧正月)でした。この日、中国系イギリス人の友人が開催した「旧正月を祝うホームパーティ」に初参加したわたくしフローレンス。この日に聞いたこと、思ったこと…についてポッドキャストで話しました。

podcast236

【podcast236】年末年始考えたこと「死と行動」

今生きている人はいずれ亡くなることは、皆が知っている事実ですが、戦争や震災や病気などでいつ誰が亡くなるかは、誰にもわからないなあ。と思いつつ、私自身の死を考えるきっかけがあったことで、とある行動につながることもあったり。そんなことをあれこれ話してみました。

【podcast235】少年犯罪:甲府の事件とイギリスの事件、そして死刑制度について

2024年1回目のポッドキャストですが、マトカらしく?(笑)重いテーマです。録音したのは2024年2月2日。この日、2つのニュースが飛び込んできました。

podcast234

【podcast234】今年見たエンタメあれこれ(豊里耳版)

先週に引き続き、今年見た(読んだ)エンタメの中で面白かった、印象に残った作品を2人であれこれ話してみました。年末年始、何を見ようか(読もうか)と思っている方に参考になれば幸いです。

【podcast233】今年見たエンタメあれこれ(フローレンス版)

いよいよ2023年も終わりですが…今年見たエンタメいろいろについてはなしました。今回はフローレンスが鑑賞した&視聴したものをあれこれ語っています。

ページ上部へ戻る