© matka All rights reserved.

【podcast84】「選択的夫婦別姓」について話す

こんにちは。ロンドン在住のフローレンス22世です。

地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話す「環・地球おしゃべり」、それがマトカのpodcastです。

今回は「選択的夫婦別姓」について2人で話しました。

===

音声のみの配信はこちら↓から

===

11月17日にこのニュースを知り…

わたくし、本気でギョーテンしてしまいました!

宇宙レベルのびっくりだわあ…

と本当に驚いたのです。

“選択的”夫婦別姓なのに、なぜもこうぐいぐいと前時代に引き戻すように反対するの?

しかも正面にたってる3人の女性議員の内、2名様(高市氏と山谷氏)は旧姓(※)をずっと使用しつづけて議員活動しています。

※高市氏は離婚しているため、現在の本名は不明。なので現在は本名が「高市」姓も戻っている可能性も。

配偶者と異なる姓でも「問題ナーシ!」を体現しているようなお二人なので、ここは「選択的夫婦別姓の実現」の方に頑張ってほしいのに。何か…矛盾ですよねえ?

「家族の絆」というよくわからない理由と価値観の押し付けで、モーレツに反対なさっている皆さまのお気持ち、わたくし全然理解不能でござります。

ですので今回、久々に「宇宙事件簿」のカテゴリーでお話しました。

また今回話すきっかけになったのは、昨日配信された津田大介氏のYoutube番組「ポリタスTV」を視聴したこともあります。

選択的夫婦別姓・全国陳情アクション事務局長の井田奈穂さんが出演されていて、すごく分かりやすいお話でした。

こちらのリンクから、ポットキャスト内で紹介した、選択的夫婦別姓・全国陳情アクションと早稲田大学法学部・棚村政行研究室が合同で調査した「47都道府県『選択的夫婦別姓』意識調査」の結果が見られます。とても分かりやすくグラフ表示されています。

ポリタスTVで、津田さんがいつになく怒っているのも印象的でした。

ワタクシ自身、夫婦別姓についてはいや~~な経験をしています。ワタクシの場合、旧姓が気に入っていたわけではありませんが、新しい姓になりたかったわけでもありません。でも選択する自由がなかったのが1番嫌だったのです。

でももしあのとき選択的夫婦別姓が可能であれば、旧姓を絶対選択していました。その方が仕事上、スムーズだったからです。

しかも海外在住だったこともあり、実は名前が変わったせいでお金も掛かりました

この辺のいや~な経験についても、ポッドキャスト内で話しています。

↑田母神氏の発言…。混乱は招かないと思いますよー。だって高市さんも山谷さんもご活躍なさってるし~!

耳さんが紹介している「夫婦別姓 各国の状況は?」はこちらから。

いつもこうした問題に対峙すると、ホントに悲しくなります。ガッカリします。でもそのたびに毎回「小さい声でもあげつづけなきゃ」とも思います。

聞いて下さると嬉しいです。

ps: 最後の方に世帯主と筆頭主について話していますが、世帯主(住民票)と筆頭主(戸籍)は別で良いのだそうです。失礼しました。名古屋市中川区の説明はこちらから。

音声のみの配信はこちら↓から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast254

【podcast254】(かなり)遅ればせながら自動車学校行ってみて、思ったこと

今まで考えてもみなかったことですが、中年になって、遅ればせながら自動車学校に通っています。若い時に行っていたら、決して思わなかったであろうことに思いを巡らせる日々です。録音日、仮免許取得したテンションでフローレンスさんとあれこれ話してみました。

【podcast253】映画『関心領域』:人は「関心領域」と「比較」の中で生きている。

映画『関心領域』をやっと見ました。様々な映画賞を受賞した話題作なので知っている人も多いでしょう。

【podcast252】映画『マッドマックス:フュリオサ』至高の世界観と細やかな演出をとにかく楽しむ!

2015年公開の映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の大ファンである私は、その前日譚である『マッドマックス:フュリオサ』を公開の週に胸のエンジンを鳴り響かせて観てきました。期待を裏切らない映画の魅力をあれこれ話してみました。

【podcast251】来年1月イギリスのビザ(永住権)がデジタル化するのです。

来年1月1日から、イギリスでは「eVisa」というデジタルのビサ証明が導入されます。わたくしフローレンスはイギリス永住権を持っていますが、現在持っている永住権カード(BRPカード)からデジタルに切り替わるのです。

podcast250

【podcast250】配偶者の呼び方問題、変わらない現状の理由とこれから

最近どう呼ぶのが良いのかについてメディアでも取り上げられることも多い、配偶者の呼び方問題。今週私に起こった出来事をきっかけに、改めて色々考えさせられました。ベストな新しい呼び方はないか?どうしたら新しい呼び方が定着するのか?フローレンスさんとあれこれ考えてみました。

ページ上部へ戻る