© matka All rights reserved.

202011/25

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2020年11月25日:腸活とスパイスとお腹問題

※【前のめりでスキップ(ロンドン日報)】
かなりせっかちで前のめり。急がば周れないばかりか、地団駄踏んで転んでる。プリプリ怒って日が暮れる。そんなハナコのロンドン暮らしの日報、書いた分ずつちょこちょこ更新します。コーヒー&ティータイムにちょっと読んで笑ってくれたら本望でーす。

最近「活」をつけて表現することが多くなっていますねえ。「恋活」「婚活」「朝活」「脳活」ect…

個人的にはあまり使わないです「~活」言葉ですが、唯一使ってるのが「腸活」。まさに実践中だからです。

わたしはお腹問題をずーっと抱えて生きてきました。赤ちゃんの頃からです。腸が平均よりもずーっと長く&細いため、うまく動かない。うまく出せない。そして年中お腹が痛い。

お腹のあちこちに地雷を抱えているような感覚です。子供のころはいつ何時お腹がギリギリ痛み出すか分からぬキョーフに怯えていました。その後、強い痛みを回避する方法は体得したものの、薬の調節に悩み、外に出かけづらくなりました。私の引きこもり傾向は、お腹問題と密接にかかわっています。

6年前に「もういい加減にどうにかしたい」と改めて決意し、それまでとは異なる方法を試し始めました。具体的には運動と食事。運動は「腹筋をつける」とかではなくて、体の流れを良くしたら何となく腸も頑張ってくれるのではないか?という私の勝手な予想を実践することにしたのです。運動大嫌いな私が競歩みたいなジョギングを始めました。

もう1つは食事。便秘には繊維質が良いと言われますが、私の場合は繊維質を食べすぎるとかえってお腹が痛くなります。特にお腹に良いとされる、雑穀類が入ったシリアルがダメなんです。大好物なのに…。お腹が痛くならない食べ物を探し、量を調節することにしました。

…といろいろやって早6年。ずっとお世話になっている漢方薬(丸錠)は最大時は1日30錠ぐらい飲まないと痛みから解放されませんでした。でも現在は6錠ぐらいでなんとかなっています。

でも、もうちょっと…頑張りたい。

できれば薬を飲まないで良い日を作りたい。

そこで試しているのがスパイスティー。愛飲している漢方薬の成分を調べ、またお腹と体によさげなスパイスを調べ、あれこれ組み合わせ、ちょっと甘い香りのする紅茶と合わせて飲みやすくしています。

劇的に効果があるわけではないけれど、何か良い…気がしています。ときどき5錠でも痛みが出ない日があります。

わたしのスパイスティーレシピは:
●コリアンダーシード(粉上につぶしたもの)
●ウコン(ターメリック)
●クミン
を耳かき大の大きさのスプーンで1杯ずつ。
●フェンネル
は好きなだけパラパラと。

それだけでも飲めますが、今はKUSUMI TEAの甘い香りの紅茶と合わせて飲んでいます。甘さと苦みが一緒になって、スッキリ感がでるのです。

スパイスは斜め向かいのトルコ系八百屋さんで購入。ものすごい種類のスパイスがある上に、安価なので助かります。


↑ウコン=ターメリックだと、スパイスティーを飲み始めて知りました。

このスパイスティーを毎日飲み始めてから、買ってもなかなか消費できなかったカレー用のスパイスがどんどん減るようになりました。

スパイスの世界、深いです。そしてスパイスティーの世界も深いです。

スパイスを味方に、もうちょっと腸活がんばります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast183】これも冬支度の1つ。4回目のコロナワクチン打ちました。

今回は先週4回目のコロナワクチンを打ったフローレンスと、昨日打ったばかりの耳さんで「4回目のコロナワクチン」について話しました。

podcast182

【podcast182】張り紙とハラスメント(ある喫茶店で思ったこと)

まだまだコロナ以前とはいきませんが、飲食店はほぼ通常営業し、お店でのコミュニケーションも増えてきた今日この頃ですが、先日立ち寄った喫茶店のドアでとても印象に残る張り紙を見ました。

【podcast181】日本⇒欧州に行くなら「絶対おすすめ深夜発フライト!」その理由

今回は、日本⇒ロンドン便で連続利用している「深夜発フライト(深夜便)」の良さについて力説しました。

podcast180

【podcast180】誰しも熱く語りたくなる!座ってるだけで体が熱くなる!映画『RRR』

179分。それがお薦めする映画『RRR』の上映時間です。誰しも見る前は「長いな〜〜」と思うでしょうが、あら不思議!怒涛の展開に熱狂している間にエンドロール迎えています。

【podcast179】今こそ思う「スゴイよ、ジュリー(沢田研二)」

今回は、最近わたくしがYoutubeでヘビロテ再生しているジュリーこと「沢田研二」さんの凄さについて話しました。

ページ上部へ戻る