© matka All rights reserved.

matka podcast29

【podcast29】前髪斜めに切ってみました「秋なので、好きなアートについて話そう」

皆様こんにちは、豊里耳(とよさと みみ)です。

地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話す「環・地球おしゃべり」、それがマトカのpodcastです。

前回からポッドキャストの構成を変更し、1ネタ1更新、短め音声で発信することにしました。相変わらずのワチャワチャした「2人おしゃべり」ですが、20分ぐらいの隙間時間で、ちょいと小耳にはさんで下さると嬉しいです。

===

●前髪斜めに切ってみました「秋なので、好きなアートについて話そう」

日本では「芸術の秋」と言いますが、イギリスではそういう言葉はないそうで、「芸術の秋」の出処(誰がいつから言い出したのか?)が急に気になり出しました。

それはそうと、先日観た映画「サタンタンゴ 」「塩田千春展:魂がふるえる」を観賞し(写真交換日記に詳細を書いています)、自分の好みのアートを再認識したわたくし、耳です。常に豊富なアート展を開催しているロンドン在住のフローレンスさんと、最近アンテナにひっかかったアートについて話しました。

皆さんにもきっと好きなアートの傾向があるのではないでしょうか。 アート対峙した時、自分にも向き合っているのかも。なんつて。

映像に酔いしれた7時間18分。ややぐったりしましたが、なんとういう贅沢な時間。
失恋そのものの話がアートに。https://bijutsutecho.com/magazine/news/exhibition/18881

フローレンスさんの話に出ました、デザインミュージアムの「Moving to Mars」エキシビション。とても面白そう。

アートの自由さと可能性についても話ました。聞いてくださると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast106

【podcast106】Netflixドキュメンタリー『死後の世界を探究する』おすすめからの、死生観ならぬ「あの世観」について

Netflixドキュメンタリーはとにかくうまくまとめられていて、好奇心をグイグイ引っ張っていってくれる作品が多く、スッと鑑賞に入れるのが魅力です。あまたある作品の中で6回シリーズという珍しく長尺な、それでいてぎゅっと詰まったおすすめドキュメンタリーが『死後の世界を探究する』です。

新芽

20214/28

【写真交換日記239】from Tokyo 「些細なバッドニュースとグッドニュースと」

イースターエッグ、目にも鮮やか!この卵を囲んで人と集まれるのはとても幸せなことですね。 https://matka-cr.com/a…

アカデミー賞

20214/26

第93回アカデミー賞発表!結果に思うこと云々

本日第93回アカデミー賞発表されました!結果はこちら やはりというか、作品賞の『ノマドランド』、監督賞のクロエ・ジャオ(『ノマドラン…

【マトカ105のポッドキャスト】NHK『家族が最期を決めるとき〜脳死移植 命めぐる日々〜』を視聴し、臓器提供について考える。

今回はNHKで2021年4月11日に放送した番組『家族が最期を決めるとき〜脳死移植 命めぐる日々〜』を紹介しつつ、脳死と臓器提供について耳さんと話しました。

【podcast104】ウッディ・アレンの性的虐待事件を巡るドキュメンタリー『Allen v. Farrow』を見てみた(ネタバレ有り)

昨年から「Me Too」運動が社会的うねりとなっていますが、そんな中、ウッディ・アレンの養女ディランへの性的虐待にまつわるドキュメンタリー作品『Allen v. Farrow』を視聴しました。

ページ上部へ戻る