© matka All rights reserved.

【絵葉書通信19】from Yoko in Tokyo

雪が降った先週よりは暖かいけれど、それでもまだまだ冬&どんより空のロンドンに、春の息吹を感じるハガキが届きました!

手すきのようなざらりとした厚い紙に、光沢のあるインク?で描かれた花と蝶。イラスト部分を触ると凹凸があるのも味になっています。

イラストを描いたミヤギユカリさんやはがきについて知りたくてググっていたら、こちらのサイトに行き当たりました。ぬくもりのある質感の意味がよく分かりました。

文面からは、花粉ムズムズに苦しむヨウコさんの様子が良く分かります(笑)。

私も長年の花粉持ちでございますが、こちらは花粉の季節はもう少し先です。

メアリー・マクロード・ベスーンの言葉も印象的です。アメリカ副大統領のカマラ・ハリスが「先人」としてベスーンの名前を挙げていることでも知られてます。

ヨウコさんはこの春、新しい学びを始めるのかな。

最近疲れ気味のわたくしですが… そうね、毎日学びですね。

肩ひじ張らず、でも毎日何かを学んでいきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast245】イギリスの大掃除の季節は「春」その理由とは?

地球の反対側に暮らす イギリス在住の「フローレンス22世」と日本在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話…

podcast244

【podcast244】NHK大河ドラマ「光る君へ」と連続テレビ小説「虎に翼」、2人の女性がどう活躍していくかに期待

平安時代の紫式部が主人公の大河ドラマ「光る君へ」と女性初の弁護士となった三淵嘉子さんがモデルの連続テレビ小説「虎に翼」、時代は違えどどちらも女性が男性社会で活躍するドラマという点で共通しているかと思います。

【podcast243】半分失業。そこから始めた実験について。

地球の反対側に暮らす イギリス在住の「フローレンス22世」と日本在住「豊里耳(とよさと みみ)」。 2人がぐるっと電話でつながりアレコレ話…

20244/2

【おいしいもの in London】最高のブリティッシュ・ビーフパイ- Canton Arms, Stockwell, London

ガストロパブとは、「食事もできるパブ」のことです。ロンドンのおいしいガストロパブは東と北に集中しがちですが、ここは中心部からやや南。南の地域でもっとも有名なガストロパブです。

podcast242

【podcast242】おすすめ映画映画『デューン 砂の惑星PART2』レビュー

普段は映画館で飲み物を飲まない私ですが、この映画を観る前には「なんか喉渇きそう」と思って思わずコーラを買ってしまいました。結果正解。壮大な砂漠シーンが目の前に広がり、没入体験を存分に味わえるこの映画は飲み物必須でした。PART1も含めてあれこれ話してみました。

ページ上部へ戻る