© matka All rights reserved.

【アートの周りで】陶器の花がむくりと起きる

*アートを見たり、触ったり、体験したり。傍に行って思うこと、考えたこと。

こんな仕事をしているので「物を作る」仕事をしている人に会う機会に恵まれている。

アーティストであったりクラフトワーカーであったりいろいろだが、考え、想像し、そして手で生み出すそのプロセスを直に見る機会は本当にぞくぞくする瞬間だ。

特に創造の現場出あるスタジオに入れてもらえるときは、この仕事をしていて良かった…と心底思う。至福のひととき。

手の動き、作業台の上の小さなメモ、使い込まれた道具たち。1つ1つをいつまでも見つめていたいと毎回思う。

陶芸作家として活躍する細野仁美さんのスタジオに行ったときも同じ気持ちだった。

細野さんの作品は以前から知っていた。まるで細密画のように密集して作られる草花“たち”。“たち”と書いているのは「生きてる」といつも思うからだ。

美しさを持て余しているような陶器の花や草“たち”は、今すぐむくりと顔をあげ、蔓を伸ばし、歯を広げ、花をさらに咲かせそう。

この投稿をInstagramで見る

Hitomi Hosonoさん(@hitomihosono)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

Adrian Sassoonさん(@adriansassoon)がシェアした投稿

温度を感じる陶器の草花。ミュージアムやギャラリーで見るたびに、いつも体温のような温かさとなまめかしさ、色っぽさを感じていた。

スタジオでお目に掛かった細野さんは、笑顔を絶やさず、1つ1つの質問に丁寧に、そして快活に答えてくれる女性だった。

作品もたくさん見せていただいた。

窯の中で待つ作品。ここから世界に巣立っていく。

細部に至るまでの繊細さに圧倒される。いつまでも、眺めていたい。

奥の奥まで細かく美しい装飾が施された作品。覗かせてもらえた幸せ。

細野さんへのインタビューを<フィガロ・ジャポン>に書きました。美しい写真と共に、細野さんのこれまでのこと、そして「ウェッジウッド by ヒトミ・ホソノ コレクション」についても書いています。(記事はコチラから)

この投稿をInstagramで見る

Adrian Sassoonさん(@adriansassoon)がシェアした投稿

Yahoo!でも配信されました。(Yahoo!記事はコチラから)

読んで下さると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast175】ガーデニングの国イギリスで庭を持ってみたけれど…汗

1カ月ちょっと前に新居に引っ越しました。ロンドン内をちょっとだけ横移動しただけの引っ越しです。

podcast174

【podcast174】モテについて改めて考えてみた(2022秋卒業)

秋になると夏のテンションが落ち着いてなんとなく、改めて考えるのに適していると思うのは私だけでしょうか。そう、「モテ」について先日考えるきっかけになる出来事があったのでそのお話と、ようやく長いモテ願望から卒業した件について話してみました。

【podcast173】「エリザベス女王が亡くなったけど」― リアルで斜め目線、ロンドンからの生報告

エリザベス女王の死去。日本でライブ感覚でニュースになっているようですね。でもさ、それってどうなんだろ。ロンドンではこんな感じ…をフローレンスが現地から生報告しました。

【podcast172】洗濯について。日々のチャレンジ、とにかく汚れを落としたい!

白いTシャツを愛するワタクシ、シミのつきやすい服を着つつ、シミをつけやすい行動(粗相)が多いのでとにかく洗濯には熱心にならざるをえないのが現状。そんな中でも新しい発見があるもので…。そんな洗濯についてのエトセトラをフローレンスさんと話しました。

【podcast171】ロンドンに「うどん」ブームが到来。非日本人友人たちと食べに行ったところ…

こんにちは。フローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)…

ページ上部へ戻る