© matka All rights reserved.

鳥獣戯画展

【写真交換日記241】from Tokyo 「購入不可避」

ストロベリートライフル最高に美味しそうだなあ。以前にも作り方教えてもらったのに、いちごの季節にいつも作りそびれてます。

そしてハナコさんの几帳面さとは違い、自らの大雑把な性格を突きつけられることが多いワタクシです。それは調理実習でのこと。いつものようなチャチャっと感で作業していて、先生に指摘され「あちゃ〜」と反省することしきり。
料理ってめちゃくちゃ性格出るんですよね。はるか昔の高校の家庭科の記憶まで蘇ってくる始末。先生に「早いのはいいけど、雑なのよ」と言われてました。

それはさておき(おいて置けないけど)、緊急事態宣言で閉館になっていた美術館等が先日から緩和されました。それで、行けていなかった東京国立博物館で開催の『国宝 鳥獣戯画のすべて』に早速行ってきました。一堂に会する「鳥獣戯画」ということと、やっと博物館に行けるという喜びで、テンションマックス。

そして薄々わかってはいたんですが、購入不可避でした。それはもちろん「鳥獣戯画グッズ」です。もともと、普段も「鳥獣戯画モチーフ」モノに弱いのですが。最近はモノを増やさないことを念仏のように唱えているし、購入する際もよくよく考えて必要と思って買うようにしていたのに。写真はコップと図録(鳥獣戯画ファン感動の図録!)ですが、その他にもピンバッジ等購入してしまいました。でもどれもよく出来ていて無駄遣いではないと思ってはいますが。

こうゆうとき、ふとハナコさんの倹約スキルを思い出してしまいます。ああ、なぜ私は徹底出来ないのかなあ。と。先述の大雑把さとも通じるけれど、この年でこれから直せるものなんだろうか…。いや、直さねば!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast125】「在外選挙制度」について話す

マトカの2人は選挙に欠かさず行っていますが、ロンドンに暮らすわたくし、フローレンスは「在外選挙制度」という方法で選挙しています。そこで今回は、「在外選挙制度って何?」について話しました。

【絵葉書通信21】from Yoko in Tokyo

東京で行われていた某スポーツ大会(後半)の最中に書いた陽子さんからのハガキが、このスポーツ大会を1秒も見なかったロンドンのわたくしの元に届…

podcast124

【podcast124】『狐狼の血』『狐狼の血 Level2』を観たので..エンタメの中のバイオレンス表現について話してみる

映画やドラマ、漫画や小説内で描かれるバイオレンス表現。先日映画『狐狼の血』『狐狼の血 Level2』を視聴して、改めて自分の中でどんなバイオレンス表現は平気で、思わず目をつぶってしまうような苦手な表現はなんだろう。などと考えたりしていくうちに、そもそもエンタメ内のバイオレンスはなんのために描かれるのか?について思いを巡らしてみたので、フローレンスさんとあれこれ話してみました。

『狐狼の血 Level2』

20219/13

東映映画『狐狼の血』『狐狼の血 Level2』一気見感想(ネタバレなし)

「カチコミじゃー!」怒号が飛び交うヤクザ映画。「カチコミ」とはヤクザが敵対組織に襲撃することであるが、単にスクリーン内のことではない。『狐狼の血』『狐狼の血 Level2』の映画(の制作)自体がすっかり「牙」を抜かれた日本映画界への「カチコミ」なのである。

podcast123

【podcast123】皇室プリンセス結婚報道について「あーだこーだ」楽しく話す

こんにちは。ロンドン在住のフローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(と…

ページ上部へ戻る