© matka All rights reserved.

多肉植物

【写真交換日記148】from Tokyo「新しい住人」

「生きていてもいいかしら日記」、私もぜひ読んでみたいです。私の積ん読棚に追加しておきます。漫画では笑いがこみ上げることも多々ありますが、本でお腹がよじれるのはそんなにないかもしれません。私の所持本だと、リリー・フランキーの「誰も知らない名言集」かな。笑える読書。いいですね。

日本はもう直ぐ梅雨の季節ですが、その前の今はまさに緑の季節です。そんな季節はより家にも緑を取り入れたくなったりも。
先日も友人が株分けした「ワイルドベリー」をくれました。「ワイルドベリー」は上手に栽培すると恋愛が叶うということで、ヨーロッパでは「Lucky&Love」なハーブとして知られているそう。友人が私の幸せを願っての贈り物。これは、栽培に少し緊張感が走ります。枯らすわけにはいきません。

決して栽培上手ではない私にとって、多肉植物は気を許せる仲間のような存在、雑に水あげしても、文句も言わず育ってくれます。
昨日、自由が丘に行った際たまたまグリーンイベントをやっていて、写真の多肉植物を購入しました。出張で販売に来ていたその店舗は、不思議な植物ばかり販売していて、見ているだけでワクワクするお店でした。これで4800円?!(3mmほどの葉っぱが1つだけ出ているもの)みたいなものもあって、植物の価値も興味深かったです。(購入した写真のものは800円でした。)

そういえば、育てかたも聞かなかったな。と思い出し、でも多肉だから、大丈夫かしら。ちょっと涼しげなスケルトンな新しい住人。
昨日いただいた、横のカバの置物とともに、我が家に慣れていって欲しいです。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【遠くに暮らす、両親のこと】点滴だけの日々(10月16日~)

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

201810/10

【写真交換日記175】from London「ひこうき雲」

いつも忙しい陽子さんを私が催促しているのに、今回は私が更新滞ってしまいました。ごめんなさい。 美しい竹林画像のときはまだ夏だったんです…

20189/23

【作るひと】現代イギリスを代表する陶芸家ジェニファー・リーさん  by hanako

何もないところから何かを生みだす― 「作るひと」 日々何かを“作ること”を糧としている人たち。「作る」に至ったのはなぜなのか? 「作ろう」…

【遠くに暮らす、両親のこと】告知

*【遠くに暮らす、両親のこと(高齢者の環境/医療/介護)】 日本の地方の街に住む80代&70代の両親にやってきた老後。遠い国(イギリス)に…

【家を買ってみたものの: London】白ヤギさんから小包来ない by Hanako

※【家を買ってみたものの: London】2015年7月にロンドンに小さなフラット(マンション)を購入。買ったはいいけど、日々事件が起こりま…

ページ上部へ戻る