© matka All rights reserved.

多肉植物

【写真交換日記148】from Tokyo「新しい住人」

「生きていてもいいかしら日記」、私もぜひ読んでみたいです。私の積ん読棚に追加しておきます。漫画では笑いがこみ上げることも多々ありますが、本でお腹がよじれるのはそんなにないかもしれません。私の所持本だと、リリー・フランキーの「誰も知らない名言集」かな。笑える読書。いいですね。

日本はもう直ぐ梅雨の季節ですが、その前の今はまさに緑の季節です。そんな季節はより家にも緑を取り入れたくなったりも。
先日も友人が株分けした「ワイルドベリー」をくれました。「ワイルドベリー」は上手に栽培すると恋愛が叶うということで、ヨーロッパでは「Lucky&Love」なハーブとして知られているそう。友人が私の幸せを願っての贈り物。これは、栽培に少し緊張感が走ります。枯らすわけにはいきません。

決して栽培上手ではない私にとって、多肉植物は気を許せる仲間のような存在、雑に水あげしても、文句も言わず育ってくれます。
昨日、自由が丘に行った際たまたまグリーンイベントをやっていて、写真の多肉植物を購入しました。出張で販売に来ていたその店舗は、不思議な植物ばかり販売していて、見ているだけでワクワクするお店でした。これで4800円?!(3mmほどの葉っぱが1つだけ出ているもの)みたいなものもあって、植物の価値も興味深かったです。(購入した写真のものは800円でした。)

そういえば、育てかたも聞かなかったな。と思い出し、でも多肉だから、大丈夫かしら。ちょっと涼しげなスケルトンな新しい住人。
昨日いただいた、横のカバの置物とともに、我が家に慣れていって欲しいです。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20188/2

【お知らせ】<REISM(リズム)>連載更新「暑いよ、ロンドン」 by Hanako

5月から連載させていただいている東京のリノベーション・デザイナーズ賃貸会社「リズム」さんのウェブマガジン<Reism Style>…

【写真交換日記173】from London 「誰も、いない」by hanako

「七草」、ステキです。木材のよい香りが漂ってきそう外観を見ているだけで、しゃっきりすっきりおいしい和食(の店か分かりませんが、そう予想)の味…

【お知らせ】Pen+「コーヒーのある暮らし」発売

ロンドンのハナコです。 6月27日に雑誌Penの別冊「Pen+(ペン・プラス)」のコーヒー本「コーヒーのある暮らし。」が発売になりまし…

【パブが好きすぎる1】 The Duke of Cambridge (ガストロパブ/Angel駅)

※イギリスの「飲みどころ」と言えば「パブ(Pub)」。ほぼ下戸の・matkaロンドンのハナコと、ビールとパブを愛しすぎている「旦那のヒト」が…

【お知らせ】<REISM(リズム)>さんサイトの連載更新  by Hanako

5月から東京のリノベーション・デザイナーズ賃貸会社「REISM(リズム)」さんのサイトで、インテリアやライフスタイルについての連載をさせてい…

ページ上部へ戻る