© matka All rights reserved.

フクロウカフェ

20176/26

【写真交換日記152】from tokyo「森の哲学者」

インスタントコーヒーのアイスは濃さがいい感じに調整できるところも良いですよね。
私もアイスコーヒーなしには夏の1日がはじまりません。

外出先のカフェでもアイスコーヒーを飲む機会が多くなってきましたが、
こちらはカフェはカフェでもフクロウカフェ。
京都から遊びに来た友人親子の希望で、私も久しぶり、2度目のフクロウカフェに行って来たのでした。

ここのカフェは「カフェ」と名がつくものの、飲み物の提供はなく、とにかくフクロウと戯れます。雑居ビルの2Fに入ると親子連れやカップルなど、ところ狭しとみなさんめいめいに楽しんでいました。餌やりや、手や肩に乗せたり、撫でたりすることができるので、子供も飽きることなく時間が過ぎました。

かくいう私もフクロウ好きで、飼いたいぐらいなのですが、飼える環境にもなく、
一人暮らしで長生きのフクロウと過ごし、最後をフクロウに看取られ、自らが餌になるとといった自虐妄想が止まらず、フクロウを飼うにはいたっていません。
そんな私でも、フクロウカフェでは気軽にフクロウのもふもふ感を感じたりできて、癒しのひととき。

この手の動物カフェは昨今本当に人気ですが、人間は癒されても動物はストレスフルなのではと懸念しますが、訪れたカフェでは、人に慣れてないフクロウは触れないようにしていたり、撫で方なども教えてくれたりなど、気遣いを感じられました。

「森の哲学的」と言われるフクロウはおとなしくて、人間たちを醒めた目で見てるようにも感じられ、そんなところもフクロウが好きな理由なのですが、爬虫類も好きなので、今度は爬虫類カフェにも行ってみたいな。(一緒に行ってくれる人がなかなかいません…。)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20211/20

【写真交換日記232】from London「年末年始ふりかえり」

この間クリスマスがやってきて、つい先日大晦日になり、そして一昨日ぐらいにお正月だったはずなのですが、恐ろしいことにもう1月も後半。このまま…

【podcast91】イギリス発・最近視聴したおススメ2本(ドキュメンタリー&ドラマ)『The Mole: Infiltrating North Korea(モグラ:北朝鮮への潜入取材)』『ザ・サーペント(毒蛇)』

こんにちは。ロンドン在住のフローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(と…

20211/16

【今日の云々:カルチャー日記 in London】2021年1月11~14日:罪悪感なし人生ってどんなだろ?BBCドラマ『The Serpent(毒蛇)』、TBSラジオ『セッション』(成人の日・新聞社説読み比べ)にブヒブヒ笑う

シリアルキラー、シャルル・ソブラジについてこのドラマを見るまで全く知らなかったのですが、オサレな作りが目に楽しく、ソブラジの手軽に殺人していく奇妙さに眉を顰めつつで最後まで興味深く見切りました。

20211/15

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2021年1月15日(金):「断らなくてもいいのに」

夫のヒトは昨年3月から1度も出社せず在宅勤務。別の部屋で仕事をしているので、夜仕事が終わるまではあまり顔も合わせません。

タイプライター

20211/14

コロナ禍だからこそのヒット要因?アニメ映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』と『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の斜め評(ネタバレなし)

コロナ禍の年末の映画館、2作品とも公開からだいぶ経っているというのに、密を避ける1席空けではなくなった劇場の席はほぼ満席に近い状況だった。…

ページ上部へ戻る