© matka All rights reserved.

皇帝のかぎ煙草入れ

20205/18

ミステリー界の重鎮も脱帽のトリック!小説『皇帝のかぎ煙草入れ』

時間と場所を忘れる小説といえば、海外の極上ミステリーかと思います。ミステリーの醍醐味はなんと言っても、犯罪のトリック。トリックの出来によって駄作にもなるし、名作にもなりますよね。

わたしは子供の頃からミステリー好きで、「シャーロック・ホームズ」シリーズを愛読し、それから様々ミステリーを読んだりしていました。だけれど、そういえば最近ミステリーらしいミステリーを読んでいなかったな、と思い、今回紹介するジョン・ディクスン・カー『皇帝のかぎ煙草入れ』を手に取ったのでした。

フランスの避暑地に住んでいる、イギリス人の美女イヴは離婚後すぐに、向かいの屋敷に住む青年と婚約にいたる。だがイヴは、婚約者の父親が殺され、事件の犯人の容疑をかけられてしまう。しかし、殺人が起こったその夜はイヴに未練のある元旦那が、イヴの寝室に忍び込んで揉めたこともあり、イヴはアリバイがあるのになかなか無実を主張できない。さて、どうするか?というストーリー。

単行本の赤色帯には大きな文字で「ダマされたと思って、騙されてください!!」とあり、裏面にはアガサ・クリスティによるコメント「このトリックには、さすがのわたしも脱帽する」とあり、解説には江戸川乱歩が「(前文省略)傑作だよ」と言ったと書いてある。これはハードル上げすぎなんではないかい?女王クリスティだって、そりゃあお世辞の一つも言うだろうに。と素直じゃないわたしは思いました。ですが、最後トリックが明かされた時、

うわー!そうきたかー!気づかなかったー!

とまんまと騙されました。なんかちょっと悔しいー。(本気で見破る気でいました)
そして、紹介すると言いながら、実は何も書けないのです。す、すみません。というのも、少しでも何か書くとネタバレかつ、トリックのヒントになってしまうので….。うーん、悩ましいです。言えるのは「もし本気でトリックを見破りたかったら、はじめから文章に集中すること」ぐらいです。紅茶を飲みながら、犯人とトリックを考える時間は至福のひとときです。読みやすい新訳でさくっと読めるのでティータイムにおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast182

【podcast182】張り紙とハラスメント(ある喫茶店で思ったこと)

まだまだコロナ以前とはいきませんが、飲食店はほぼ通常営業し、お店でのコミュニケーションも増えてきた今日この頃ですが、先日立ち寄った喫茶店のドアでとても印象に残る張り紙を見ました。

【podcast181】日本⇒欧州に行くなら「絶対おすすめ深夜発フライト!」その理由

今回は、日本⇒ロンドン便で連続利用している「深夜発フライト(深夜便)」の良さについて力説しました。

podcast180

【podcast180】誰しも熱く語りたくなる!座ってるだけで体が熱くなる!映画『RRR』

179分。それがお薦めする映画『RRR』の上映時間です。誰しも見る前は「長いな〜〜」と思うでしょうが、あら不思議!怒涛の展開に熱狂している間にエンドロール迎えています。

【podcast179】今こそ思う「スゴイよ、ジュリー(沢田研二)」

今回は、最近わたくしがYoutubeでヘビロテ再生しているジュリーこと「沢田研二」さんの凄さについて話しました。

podcast178

【podcast178】結婚にまつわる名言に物申す

人生の一大イベントである「入籍」ですが、共に歩む「結婚(生活)」は日々の積み重ね。多くの著名人が「結婚」にまつわる名言を残しています。その中には結構な「迷言」も。その名言たちにあれこれツッコミながら、「結婚」の先輩であるフローレンスさんと話してみました。

ページ上部へ戻る