© matka All rights reserved.

皇帝のかぎ煙草入れ

ミステリー界の重鎮も脱帽のトリック!小説『皇帝のかぎ煙草入れ』

時間と場所を忘れる小説といえば、海外の極上ミステリーかと思います。ミステリーの醍醐味はなんと言っても、犯罪のトリック。トリックの出来によって駄作にもなるし、名作にもなりますよね。

わたしは子供の頃からミステリー好きで、「シャーロック・ホームズ」シリーズを愛読し、それから様々ミステリーを読んだりしていました。だけれど、そういえば最近ミステリーらしいミステリーを読んでいなかったな、と思い、今回紹介するジョン・ディクスン・カー『皇帝のかぎ煙草入れ』を手に取ったのでした。

フランスの避暑地に住んでいる、イギリス人の美女イヴは離婚後すぐに、向かいの屋敷に住む青年と婚約にいたる。だがイヴは、婚約者の父親が殺され、事件の犯人の容疑をかけられてしまう。しかし、殺人が起こったその夜はイヴに未練のある元旦那が、イヴの寝室に忍び込んで揉めたこともあり、イヴはアリバイがあるのになかなか無実を主張できない。さて、どうするか?というストーリー。

単行本の赤色帯には大きな文字で「ダマされたと思って、騙されてください!!」とあり、裏面にはアガサ・クリスティによるコメント「このトリックには、さすがのわたしも脱帽する」とあり、解説には江戸川乱歩が「(前文省略)傑作だよ」と言ったと書いてある。これはハードル上げすぎなんではないかい?女王クリスティだって、そりゃあお世辞の一つも言うだろうに。と素直じゃないわたしは思いました。ですが、最後トリックが明かされた時、

うわー!そうきたかー!気づかなかったー!

とまんまと騙されました。なんかちょっと悔しいー。(本気で見破る気でいました)
そして、紹介すると言いながら、実は何も書けないのです。す、すみません。というのも、少しでも何か書くとネタバレかつ、トリックのヒントになってしまうので….。うーん、悩ましいです。言えるのは「もし本気でトリックを見破りたかったら、はじめから文章に集中すること」ぐらいです。紅茶を飲みながら、犯人とトリックを考える時間は至福のひとときです。読みやすい新訳でさくっと読めるのでティータイムにおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【podcast58】「超美人料理研究家ナイジェラ・ローソン様への愛を語る」

こんにちは。フローレンス22世です。 地球の反対側に暮らす ロンドン在住の「フローレンス22世」と東京在住「豊里耳(とよさと みみ)…

20205/23

【写真交換日記214】from London「1枚1.5円の分家もスゴイ」

「グラデーションドリンク」 おいしそうです。ゆずジャムは韓国スーパーで売っているのですが、マーマレードでも美味しそう!やってみます。 …

【ドキュメンタリーを書き留める】完全無欠の自己完結人生― 映画『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』

この作品のことは、愛読しているイギリスの新聞・オブザーバー紙(ガーディアン紙の日曜版)で知った。

チョコレート

【朝のコーヒー、午後のお茶】四次元チョコレート

コーヒー業界ではサードウェーブコーヒーが主流になって久しいですが、チョコレート界でも「スペシャリティ・チョコレート」、「Bean to B…

【映画のはなし】バラの紅茶を飲みながら見る天国と地獄『マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年』

「ファッション映画」というジャンルがある。具体的には ファッション業界を舞台にした ドラマ(『プラダを着た悪魔』)やドキュメンタリー(『メ…

ページ上部へ戻る