© matka All rights reserved.

マクビティ

20205/19

【朝のコーヒー、午後のお茶】ライセンス移行した「マクビティ」、スーパーで買える幸せ

以前ならば店舗にあったはずの「マクビティ ダイジェスティブビスケット」がある日ないことに気づいたのは、今年に入ってからでした。品切れしているのかな?とぼんやり思って他のですが、実はそうではなく、英国発祥のビスケットブランド「マクビティ」は、明治とのライセンス契約終了に伴い、2019年8月末で日本での販売を終了していたのでした。

な、なんということ!わたしの愛する「マクビティ ダイジェスティブビスケット」が!!と崩れ落ちるくらい(実際には崩れていませんが)の悲しみが襲いました。わたしにとって、お菓子の生産終了では「明治カール」、「森永チョコフレーク」(日清のチョコフレークは健在)をも超える衝撃。

「マクビティ ダイジェスティブビスケット」との出会いは、15年以上前のイギリス留学時。ポンドがめちゃくちゃ高く、1ポンド=230円ぐらいだった時。(現在は1ポンド=130円ぐらい 2020.05.19)貧乏留学生の「安く、腹持ちよく、美味しい」おやつとして、よく買っていました。朝ごはんがわりにしたりも。

ロンドンのお店のお菓子棚イメージです。

このビスケットの美味しさは、全粒粉のザクザクホロホロ食感、そして塩が効いているところ。他のビスケットにはない、どんどん進む美味しさがあります。ビスケットってそんなに枚数食べようと思わないけど、このビスケットは食べれてしまう。そしてなんといっても紅茶にはチョコのついてないプレーンなビスケットが個人的にはベストです!

少し前に、「もう、値段の高い輸入品でしか食べれないのかしら?」と思い、検索していると、やたらと高い値段の輸入品のショッピングリンクに紛れ、新生「マクビティ」の文字が!そう、株式会社モントワールさんが、ライセンスを引き継ぐことになったとのこと!そして「マクビティ ダイジェスティブビスケット」は4月6日発売とな!

ありがとう!モントワールさん!こちらの記事では、日本での店頭販売存続のための努力があったとか!感謝!

しかし、コロナ禍のせいか、4月6日発売予定以降もわたしの近所のスーパーに並ぶこともなく、時が過ぎていきました。そして、先週スーパーの棚でこの箱を目にした時は小躍りしそうになりました。味は変わらずですが、少し薄くなったかな?「小袋文化日本」仕様で2枚ずつの小袋になってます。

新生「マクビティ」日本発売にあたり、公式サイトもしっかりできていました。サイト内「マクビティの歴史」は、歴史が古い(1839年から)だけに見応えあります。王室のウエディングにケーキ作っていたりしたんですね。ビスケットが材料で使われていたんだろうか…。チーズケーキのようなケーキの下の部分に使うは合うけどなあ。

そんなこんなで、スーパーで「マクビティ ダイジェスティブビスケット」を買える幸せをかみしめながら、東京ではまだまだお家時間を過ごす日々です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast182

【podcast182】張り紙とハラスメント(ある喫茶店で思ったこと)

まだまだコロナ以前とはいきませんが、飲食店はほぼ通常営業し、お店でのコミュニケーションも増えてきた今日この頃ですが、先日立ち寄った喫茶店のドアでとても印象に残る張り紙を見ました。

【podcast181】日本⇒欧州に行くなら「絶対おすすめ深夜発フライト!」その理由

今回は、日本⇒ロンドン便で連続利用している「深夜発フライト(深夜便)」の良さについて力説しました。

podcast180

【podcast180】誰しも熱く語りたくなる!座ってるだけで体が熱くなる!映画『RRR』

179分。それがお薦めする映画『RRR』の上映時間です。誰しも見る前は「長いな〜〜」と思うでしょうが、あら不思議!怒涛の展開に熱狂している間にエンドロール迎えています。

【podcast179】今こそ思う「スゴイよ、ジュリー(沢田研二)」

今回は、最近わたくしがYoutubeでヘビロテ再生しているジュリーこと「沢田研二」さんの凄さについて話しました。

podcast178

【podcast178】結婚にまつわる名言に物申す

人生の一大イベントである「入籍」ですが、共に歩む「結婚(生活)」は日々の積み重ね。多くの著名人が「結婚」にまつわる名言を残しています。その中には結構な「迷言」も。その名言たちにあれこれツッコミながら、「結婚」の先輩であるフローレンスさんと話してみました。

ページ上部へ戻る