© matka All rights reserved.

マクビティ

20205/19

【朝のコーヒー、午後のお茶】ライセンス移行した「マクビティ」、スーパーで買える幸せ

以前ならば店舗にあったはずの「マクビティ ダイジェスティブビスケット」がある日ないことに気づいたのは、今年に入ってからでした。品切れしているのかな?とぼんやり思って他のですが、実はそうではなく、英国発祥のビスケットブランド「マクビティ」は、明治とのライセンス契約終了に伴い、2019年8月末で日本での販売を終了していたのでした。

な、なんということ!わたしの愛する「マクビティ ダイジェスティブビスケット」が!!と崩れ落ちるくらい(実際には崩れていませんが)の悲しみが襲いました。わたしにとって、お菓子の生産終了では「明治カール」、「森永チョコフレーク」(日清のチョコフレークは健在)をも超える衝撃。

「マクビティ ダイジェスティブビスケット」との出会いは、15年以上前のイギリス留学時。ポンドがめちゃくちゃ高く、1ポンド=230円ぐらいだった時。(現在は1ポンド=130円ぐらい 2020.05.19)貧乏留学生の「安く、腹持ちよく、美味しい」おやつとして、よく買っていました。朝ごはんがわりにしたりも。

ロンドンのお店のお菓子棚イメージです。

このビスケットの美味しさは、全粒粉のザクザクホロホロ食感、そして塩が効いているところ。他のビスケットにはない、どんどん進む美味しさがあります。ビスケットってそんなに枚数食べようと思わないけど、このビスケットは食べれてしまう。そしてなんといっても紅茶にはチョコのついてないプレーンなビスケットが個人的にはベストです!

少し前に、「もう、値段の高い輸入品でしか食べれないのかしら?」と思い、検索していると、やたらと高い値段の輸入品のショッピングリンクに紛れ、新生「マクビティ」の文字が!そう、株式会社モントワールさんが、ライセンスを引き継ぐことになったとのこと!そして「マクビティ ダイジェスティブビスケット」は4月6日発売とな!

ありがとう!モントワールさん!こちらの記事では、日本での店頭販売存続のための努力があったとか!感謝!

しかし、コロナ禍のせいか、4月6日発売予定以降もわたしの近所のスーパーに並ぶこともなく、時が過ぎていきました。そして、先週スーパーの棚でこの箱を目にした時は小躍りしそうになりました。味は変わらずですが、少し薄くなったかな?「小袋文化日本」仕様で2枚ずつの小袋になってます。

新生「マクビティ」日本発売にあたり、公式サイトもしっかりできていました。サイト内「マクビティの歴史」は、歴史が古い(1839年から)だけに見応えあります。王室のウエディングにケーキ作っていたりしたんですね。ビスケットが材料で使われていたんだろうか…。チーズケーキのようなケーキの下の部分に使うは合うけどなあ。

そんなこんなで、スーパーで「マクビティ ダイジェスティブビスケット」を買える幸せをかみしめながら、東京ではまだまだお家時間を過ごす日々です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast75

【podcast75】長谷川町子さんの作品について語る

今回は、フローレンスが子供のときから愛してやまない長谷川町子さんの作品について語りました。

20209/21

【今日の云々:カルチャー日記 in London】9月21日(月)〜更新中「現在、玉木宏と高橋一生に翻弄され中」

今週はバタバタ忙しいのに、本日もかなり無理してジムに行った理由はただ1つ、『竜の道』5話が見たいから! これ見ると、走るの大っ嫌いなわたくしがいつもより長めに走れてしまうのだから、凄いのです。

Photo by Clay Banks on Unsplash

20209/21

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】9月14日(月)〜9月20日(日)

amazonオリジナルドラマ『The Boys ザ・ボーイズ』シーズン25話視聴。前から思ってましたが、MMが知性と冷静さと優しさを兼ね備えた人で、つくづくいいひと。ヒューイとブッチャーの関係の定着がホッとする一幕も。凶暴なお兄ちゃんと温和な弟なんだね。ホームランダーの地位の揺らぎ、そして、とうとう最悪のカップル誕生しちゃったよ。

20209/20

【今日の云々:カルチャー日記 in London】9月14日(月)〜20日(日)

今週は『レイルウェイ』のレビューを書くだけで勝手に息切れ。お恥ずかしい。今週見たものをざざっとプレイバック。

20209/20

【お知らせ】「コロナ禍で「庭付き戸建て」のブーム到来、不動産マーケットが活況に!」Pen オンライン版配信

『Pen Online(雑誌『Pen』オンライン版)』さんの【コロナと闘う世界の都市から】のコーナーで、ロンドンの情報を書かせていただいています。

ページ上部へ戻る