© matka All rights reserved.

20193/14

【London Cafe】Milk Teeth in Tooting Broadway

毎日毎日いろんなことで自分の駄目さとか、アイデアのなさとか、「もうちょっと何とかなんないんかねえ?」と思ってグダグダ自分に愚痴っているのですが、愚痴っているうちは「もうちょっと、頑張れよ、自分!」と何らかの希望を持っている場合なんだと思うのです。

でもそういうのも全部取っ払い「いやー、もうこういうレベルは私の範疇外! 素晴らしい~」と手放しでひれ伏してしまうようなモノ・コトに遭遇することもある。アイデアとかセンスとか、もう自分では想像もつかないレベルだから、自分をネチネチなじる必要もない。すがすがしく「サレンダ~~~」という気持ちになって、ただただ楽しめる。

空間であったり、映像や写真であったり、文字情報だったり、ひれ伏すいろいろはたくさんある。そういう素晴らしきモノ・コトたちに触れることで何か吸収したり、アイデアをもらえたりすることもあるのかもしれないが、それも分からないぐらいのことが「ひれ伏す」ということだと思うので、いやはや、スゴイことを考え付く人は世の中に大勢いて、才能のある方々の創造物はまったくもって素晴らしいのです。

そんな云々を行くたびに毎回感じる場所がある。南ロンドンにある2つのカフェ「Milk」と「Milk Teeth」。この2つは同じオーナーが経営する姉妹店。どちらに行っても毎回毎回、飽きずにひれ伏している。

まず食べ物がスゴイ。1皿1皿工夫されていている。まずぱっと見キレイ。

この日のスペシャルメニューだったワッフル。

そのうえで1つ1つの構成要素、例えばクリームもホイップした上で薄く味がついているし、ベッコウ飴にもハーブが加えられている。

下の写真2つは昨年に撮影したもの。定番メニューだけでなく、日々スペシャルメニューがいろいろあります。

昨年Milkで食べたトウモロコシの粉のパンケーキ。飾ってあるドライ・オレンジも手作り。
夏限定のソフトクリーム。こちらはオリーブ味。うすーく塩味と甘味がついていて、暑い日にさっぱり美味しく食べられます。

こんなメニュー、どうやって考え付くのかな? 

そして「やりすぎない」けどこだわっていてるインテリアもいい感じ。

Milk Teethの店内。

そんなこんなで毎回行くと「ほ~」とか「は~」とか一通り思い、店主のセンスの良さとアイデアの豊富さに驚き、その後コーヒーと軽食を美味しくいただき長居しております。

毎月更新の「リズム」さんでの連載で、そんな思いを含めつつ、大好きなカフェ2つを紹介しております。

書いている内に、またこのカフェに行きたくなってきました…。今週末、行こうかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20211/16

【今日の云々:カルチャー日記 in London】罪悪感なし人生ってどんなだろ?BBCドラマ『The Serpent(蛇)』、TBSラジオ『セッション』(成人の日・新聞社説読み比べ)にブヒブヒ笑う

シリアルキラー、シャルル・ソブラジについてこのドラマを見るまで全く知らなかったのですが、オサレな作りが目に楽しく、ソブラジの手軽に殺人していく奇妙さに眉を顰めつつで最後まで興味深く見切りました。

タイプライター

20211/14

コロナ禍だからこそのヒット要因?アニメ映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』と『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の斜め評(ネタバレなし)

コロナ禍の年末の映画館、2作品とも公開からだいぶ経っているというのに、密を避ける1席空けではなくなった劇場の席はほぼ満席に近い状況だった。…

朝焼け

20211/13

【写真交換日記231】from Tokyo 「朝焼けと生業と」

新年になりました。今年もどうぞよろしくお願いします。ハナコさんは素敵なクリスマスツリーのある自宅で、クリスマスやお正月は豪華な料理を作って過ごしたことと思いますが、私は今年は実家に帰らず、独り、あまり平日と変わらない年末年始を過ごしました。

20211/13

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2021年1月12日:「『分かる言葉で』がむずかしい」

日本でひとり暮らしをするロージン(81歳になりました)母。このお方、地震と洪水を世界で1番心配しながら生きている。

podcast90

【podcast90】2021年これ流行るんじゃないか?日英談義

2021年がどんな年になるのか先行きの見えない新年ですが、そんな中でも地球をまたいで、トレンド予想をあれこれ話してみました!カルチャー、食、ファッションなど。ああ、トレンドセッターになってみたい…。

ページ上部へ戻る