© matka All rights reserved.

20192/17

【案外美味しいイギリス】 Snap & Rye (カフェ・レストラン/Ladbroke grove駅)

※「イギリスは不味い」が定番の固定観念。確かに下調べしないで出向くと、簡単にマズイものに遭遇できる国(笑)。でも実は美味しいものもたくさんある!のです。美味しい外食あれこれ。ハナコと「旦那のヒト」でお届けします。

たたずまいはカフェ、夜行くとレストラン。ビールも他のお酒も楽しめて寛げて、なにより食事が美味しいお店。

【Snap & Rye(スナップ&ライ)】

View this post on Instagram

Tonic Menswearさん(@tonicportobello)がシェアした投稿

カテゴリー:カフェ(昼)/レストラン(夜)
特徴:モダンな盛り付けなのに、割りとガッツリお腹いっぱいになるデンマーク料理が食べられる
インテリア:割と普通な感じのオサレなカフェ風。
ビールのセレクション:デンマークのIPA(インデアンペールエール)とデンマーク輸入のカールスバーグが飲める。ドラフトはなくて瓶。IPAは1本7ポンドとお高すぎ!でもデンマーク輸入のカールスバーグは5ポンドで、美味しい。サイダーは1つしかないけれど、食事に合うものをチョイスしているのが分かる。
雰囲気:ウェイトレスさんと対応が、ほぼ100点。
お値段:お酒を飲まなければ、お腹いっぱいたべて1人25ポンド程度。
Web: http://www.dukeorganic.co.uk/
Insgargam: https://www.instagram.com/riverfordattheduke/
住所:93 Golborne Road London W10 5NL
最寄り駅:Ladgrove Grove駅(地下鉄)
予約:オンライン予約が可能。コチラから。
mapはコチラ


↑牛肉のタルタル。生の卵黄を落としてあります。揚げたパースニップとシード(種)がいろいろ入った黒パンが添えられている。

旦那のヒトのポイント:

ビールについてはエールがないので採点不可。でもカールスバーグを美味しいと思ったのは初めてだったので新鮮。
牛肉のタルタル、最高だった。ほんの少し絞った(と思われる)ライムの酸味がぴりっと聞いて相当美味。

デザートはここしばらく食べたものでピカ1。柔らかくて温かいアップルクランブルと、これまたほんのり温かいskyr(スキール)の組み合わせがこんなに美味とは!

今度はブランチかランチに行きたいです。


↑最高に美味しかったデザート。柔らかいアップルクランブルにスキールを添えて。生クリームとは違うほのかな酸味が良い感じ。

ハナコのポイント:

インテリアは「ふつうにオサレなカフェ」風で、ふつう。デンマークのお店ならもうちょっと頑張ってほしい気もする。

食事は大満足。デンマーク料理だからスモーブローみたいなものが多いのかと思ったが間違いだった。鴨、牛肉、魚などを黒パンと一緒に食べられる系のものが多く、ボリュームがある。

私がメインに頼んだ豚のハンバーグ。フルーツ系の甘さが入った甘じょっぱいソースと、肉汁たっぷり(つなぎナシ)のハンバーグががっつり系で食べごたえがあった。赤カブサラダが横についていたけど、斜めスライスの小技&火を通し過ぎないシャキシャキ感が新食感で発見だった。新じゃがも1つ1つに5か所ぐらい切れ目が入っているので中まで火がしっかり通り、ねっとり感が倍増。

スターター2つとデザートをシェア、メインを1つずつ取ったけど、お腹いっぱい。スターターは1つでよかった。

店名になっているデンマークの蒸留酒「スナップス」を飲まなかったのが後悔。今度飲みます。温かくてふんわりしたスキールに感動。あれって温めた上で泡立ててるんだろうか?脂肪分がないぱっさぱさのヨーグルト、という印象がガラリと変わった。


↑ハナコが食べた、豚肉のハンバーグ。ガッツリ系。


↑インテリア。悪くないけど、もうちょっとすっきりな感じでもいいのかも。

2人共通の感想:

最後お腹がはちきれそうだったので、ハナコはデザートをギブアップ(の予定だった)。旦那のヒトは「せっかくだから」と頼んだ。頼んだデザートは1つだけど、そこで「ウェイトレスのお姉さんが2人分のフォークを持って来たら100点だねえ」と旦那のヒト。さて、どうなるか?と思っていたら、ちゃんと2人分のフォークを持ってきた。

持ってきてくれたんで…しっかり食べちゃいましたよ、ワタクシ(ハナコ)も。美味しゅうございました。


↑最後に出てきたコーヒーも素晴らしかった。激・深煎り。温かい牛乳もたっぷりと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20211/16

【今日の云々:カルチャー日記 in London】罪悪感なし人生ってどんなだろ?BBCドラマ『The Serpent(蛇)』、TBSラジオ『セッション』(成人の日・新聞社説読み比べ)にブヒブヒ笑う

シリアルキラー、シャルル・ソブラジについてこのドラマを見るまで全く知らなかったのですが、オサレな作りが目に楽しく、ソブラジの手軽に殺人していく奇妙さに眉を顰めつつで最後まで興味深く見切りました。

タイプライター

20211/14

コロナ禍だからこそのヒット要因?アニメ映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』と『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の斜め評(ネタバレなし)

コロナ禍の年末の映画館、2作品とも公開からだいぶ経っているというのに、密を避ける1席空けではなくなった劇場の席はほぼ満席に近い状況だった。…

朝焼け

20211/13

【写真交換日記231】from Tokyo 「朝焼けと生業と」

新年になりました。今年もどうぞよろしくお願いします。ハナコさんは素敵なクリスマスツリーのある自宅で、クリスマスやお正月は豪華な料理を作って過ごしたことと思いますが、私は今年は実家に帰らず、独り、あまり平日と変わらない年末年始を過ごしました。

20211/13

【前のめりでスキップ(ロックダウン・ロンドン日報)】2021年1月12日:「『分かる言葉で』がむずかしい」

日本でひとり暮らしをするロージン(81歳になりました)母。このお方、地震と洪水を世界で1番心配しながら生きている。

podcast90

【podcast90】2021年これ流行るんじゃないか?日英談義

2021年がどんな年になるのか先行きの見えない新年ですが、そんな中でも地球をまたいで、トレンド予想をあれこれ話してみました!カルチャー、食、ファッションなど。ああ、トレンドセッターになってみたい…。

ページ上部へ戻る