© matka All rights reserved.

虎屋「紅茶」羊羹

20204/22

【朝のコーヒー、午後のお茶】紅茶とお菓子「虎屋の紅茶羊羹」

室町時代後期から続く、言わずと知れた「虎屋」。数ある羊羹の種類の中でも、小形羊羹の「紅茶」は熊本県の紅茶を使用した2011年から発売されている羊羹です。(虎屋HPより)私は大好きな5種の小形羊羹のセットの中でも、「紅茶」は餡の中から薫紅茶の香りが好きな1品です。

自分で購入することは滅多にないので(私の中では「自分で買わないお菓子筆頭の虎屋の羊羹」)、たまにしか食べる機会はないのですが、その「たまに」がいつも贅沢な気分になる羊羹。正月に実家に行った際にもらった「紅茶」羊羹が、1つひょっこり出てきました。なんという嬉しいサプライズ。せっかくなので、和風の食器で、でもアールグレイの紅茶で頂きます。

なんて書くと、どこかの優雅なマダムっぽいですが、まるで正反対の私です。床に正座しつつも、せめて心地よいティータイムを過ごしたいという苦心の結果です。

「ふー」と気怠い息を吐いた後は、「紅茶」羊羹の甘い幸せを口に入れて満たされます。やっぱり美味しい。超瞬間的羊羹マダムです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20209/27

【写真交換日記226】from London 「黒にんじん・黄色にんじん」

更新おそくなってごめんなさい。「画家が見たこども展」は、私も行きたい!!と思った展覧会です。行けたのね、いいな~! …

【podcast76】「絶望名人」カフカさんに学ぶ人生論

世の中はポジティブな名言に溢れていますが、今はコロナのこともあり、ポジティブな言葉に何も救われなかったり、かえって暗い気持ちで受け止める人も少なくないかもしれません。そんな時に、とてもオススメの本『絶望名人カフカの人生論』。

podcast75

【podcast75】長谷川町子さんの作品について語る

今回は、フローレンスが子供のときから愛してやまない長谷川町子さんの作品について語りました。

20209/21

【今日の云々:カルチャー日記 in London】9月21日(月)〜更新中「現在、玉木宏と高橋一生に翻弄され中」

今週はバタバタ忙しいのに、本日もかなり無理してジムに行った理由はただ1つ、『竜の道』5話が見たいから! これ見ると、走るの大っ嫌いなわたくしがいつもより長めに走れてしまうのだから、凄いのです。

Photo by Clay Banks on Unsplash

20209/21

【今日の云々:カルチャー日記 in 東京】9月14日(月)〜9月20日(日)

amazonオリジナルドラマ『The Boys ザ・ボーイズ』シーズン25話視聴。前から思ってましたが、MMが知性と冷静さと優しさを兼ね備えた人で、つくづくいいひと。ヒューイとブッチャーの関係の定着がホッとする一幕も。凶暴なお兄ちゃんと温和な弟なんだね。ホームランダーの地位の揺らぎ、そして、とうとう最悪のカップル誕生しちゃったよ。

ページ上部へ戻る