© matka All rights reserved.

20211/20

【写真交換日記232】from London「年末年始ふりかえり」

この間クリスマスがやってきて、つい先日大晦日になり、そして一昨日ぐらいにお正月だったはずなのですが、恐ろしいことにもう1月も後半。このままではあっという間に2022年になってしまいます。

1日1日大事にしっかり生きねばと改めて思う、2021年1月です。

毎年同じこと言ってますが、ヨウコさん、今年も懲りずによろしくねん。

===

年末年始もほぼどこにも出かけず籠っていたのであまり変わらぬ日々だったのですが、唯一「セルフイベント」的に楽しんだのは、なんちゃってお節料理を作ったことです。

日本の定番お節を作るには、手に入らない材料や高度すぎて私には調理できないものが多いので、やたらと“代用”が多い「お節もどき」となりました。

去年食べずにとっておいた黒豆(生協のパック入り)以外はすべて“代用”。

◎伊達巻代わりのだし巻き卵、
◎里芋がないのでお煮しめが作れず、大根の煮物
◎田作り代わりのいかなごのくぎ煮(これは神戸の義母の手作りを冷凍してとっておいたもの)
◎かまぼこ代わりの海老しんじょ

あとは詰めやすさと色味だけを考え、
◎鶏つみれ
◎スモークサーモンのマリネ
◎タラの南蛮漬け
◎ひたし豆
◎きゅうり&いくら
◎柿&生ハム巻
等など、本来はお節でもなんでもないものをチマチマと。

狭い台所での調理はまあまあ手間でしたが、工作と思って作ったので楽しめました。

多めに作り、近所の4家庭にも味見してもらうことに。詰める作業も楽しかったのですが…

1番楽しかったのは掛け紙づくり。

仕出し弁当風にしたくて、ざらっとしたA4のレター用紙にイラストをプリントして作りました。

12月から厳しい行動規制下にあったロンドンですが、運動目的の外出は許可されています。早歩きウォーキングをしながら「仕出し弁当風お節もどき」をドア前に配達し、ちょっと遠くから手を振って「良いお年を!」と挨拶。

戻ってきたら歩きすぎでクタクタに。お節の残り物を食べていたらあっという間に元旦になってしまいました。

翌朝…ではなく翌昼にノロノロ起き、お雑煮が夕食という私らしいぐうたらな元旦。それもまあ…お正月ぐらいのんびりするのもいいですね。

↑鶏だしのお雑煮ですが、三つ葉がないので大好物のパクチーで代用。

===

子供の頃、お節にはあまり興味がありませんでした。嫌いではないけれど、特に好きでもなかったような。栗きんとんと黒豆は好きでしたが、それはたぶん「お菓子」だと思っていたからです。

今年こんなに「お節を作ってみよう」と思ったのは、たぶん昨年一時帰国ができず、日本を遠くに感じているからだと思います。

同じ気持ちだった在ロンドンの友人は多く、正月明けはLineでおせちの話で盛り上がりました。

1月5日から正式にロックダウンとなったイングランド。他の3地域は一足先にロックダウンになっていたので、現在イギリス全土がしっかり籠っている状態です。

なんちゃってお節を食べつつ、ちょっと遠い日本を感じ、ダラダラのんびり過ごした私の年末年始でした。

さて、今年も頑張るとしますかね…って、もうすぐ2月になっちゃうね。早い!(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

podcast182

【podcast182】張り紙とハラスメント(ある喫茶店で思ったこと)

まだまだコロナ以前とはいきませんが、飲食店はほぼ通常営業し、お店でのコミュニケーションも増えてきた今日この頃ですが、先日立ち寄った喫茶店のドアでとても印象に残る張り紙を見ました。

【podcast181】日本⇒欧州に行くなら「絶対おすすめ深夜発フライト!」その理由

今回は、日本⇒ロンドン便で連続利用している「深夜発フライト(深夜便)」の良さについて力説しました。

podcast180

【podcast180】誰しも熱く語りたくなる!座ってるだけで体が熱くなる!映画『RRR』

179分。それがお薦めする映画『RRR』の上映時間です。誰しも見る前は「長いな〜〜」と思うでしょうが、あら不思議!怒涛の展開に熱狂している間にエンドロール迎えています。

【podcast179】今こそ思う「スゴイよ、ジュリー(沢田研二)」

今回は、最近わたくしがYoutubeでヘビロテ再生しているジュリーこと「沢田研二」さんの凄さについて話しました。

podcast178

【podcast178】結婚にまつわる名言に物申す

人生の一大イベントである「入籍」ですが、共に歩む「結婚(生活)」は日々の積み重ね。多くの著名人が「結婚」にまつわる名言を残しています。その中には結構な「迷言」も。その名言たちにあれこれツッコミながら、「結婚」の先輩であるフローレンスさんと話してみました。

ページ上部へ戻る